世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

東南アジア旅行11日間[2日目] 台北→シンガポール
久しぶりのドミトリーは眠れるのかな?
──なんて失敗は全く必要ありませんでした。

8人部屋の中で一番最初にベッドに入り、結局、朝までぐっすり。
もしかして、他の客は来なかったのか?とまわりを見回したら、すっかりベッドがうまっていました。



昼からまた空港に移動しなければいけないということなので、ホテルの近くの駅周辺をぶらぶら。

えっ?!と驚いたのはくろねこヤマトの宅急便のクルマが止まっていたこと。


以前、パートで同じタイプのクルマを運転していたこともあるので、余計にビックリです。

南米やアフリカみたいに、中古車として売られてきたのか?と思って、中をのぞいたら、ヤマトの制服を着た男の人が、バーコードリーダで伝票をこすっていました。

てことは、普通に営業してるんですね。


そういえばタオルとか持ってくるの忘れたなぁ、安く売ってるところないかなぁと自分のホテルがあるビルを見たら、



39元均一ショップの文字が。

下にはDAISOと書いてあります。
日本を代表する百円均一の店ではないですか。

他の看板には日本品質とも書いてあります。
やっぱり日本のモノというだけでいいモノと思われているんですね。

ここでタオルや歯ブラシを購入。

久しぶりの一人旅だと細かいモノ忘れているんですよね。



近くのカフェで足休め。

カフェオーレを頼んだら、どんぶり鉢みたいなので出てきて、驚きました。


昼飯は地元の人で賑わっている店へ。
この定食で200円ぐらいだったでしょうか。安い。



昼休み頃になると、路地に店がいっぱい出て、沢山の人で賑わっていました。



駅の横にあるバスターミナルに行き、空港に向かおう。
バスのチケットは昨日、市内に来る時に2WAYと言って買ってあります。

おっ、このバスだなと、チケットを渡し、バスに乗り込もうとすると、男に凄い剣幕で怒られました。
何で、何で?
ちゃんと2WAYで購入して、バスの乗り場の地図までもらってきたのに。
どうもチケットが使えないと言っています。
どういうこと?と見てみたら、台北市内→空港となっていました。
・・・?
考えられるのは買ったのが往復ではなく、台北市内行き2枚だったか、台北市内に来る時に逆のチケットを渡してしまった、です。
何にしろ、説明したものの買えの一点張り。
確か200円ぐらいと安いのですが、もうお金はいらないとほとんど使い切ってたので面倒です。
ポケットの中をまさぐったらコインが数枚出てきました。
これでなんとか足りる。
チケットを購入。バスに乗車。
中華航空はターミナル1からも2からも出るようで、バスの会社の人にどちから聞き、降りたというのに、違ってるじゃないか。
あわてて移動。
何だかなぁ。

そろそろ旅慣れしてもいい頃なのに。

チャイナエアライン
CI751 
便

2009/11/24 16:05 発 タイペイ(台北) (台湾桃園国際空港)

→

2009/11/24 20:45 着 シンガポール (チャンギ国際空港)



シンガポールの空港から、またバスに乗車して市内へ。
どこら辺で降りたらいいかわからず不安でしたが、クリスマスイルミネーションが派手なところで降りたら大正解。

歩いてまたまたバックパッカーの宿に移動。
この夜は4人部屋でなぜか男は私ひとり、あとは女性でした。
人気ブログランキングへ


- | 07:38 | comments(1) | -

スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 07:38 | - | -

コメント
from: catty   2012/05/20 10:01 PM
中国に関するサイトを作りました。
http://www.nnchina.net/
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状