世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

中国海南島旅行4日間[2日目] 天福源リゾート三亞
ホテルはグレードアップせず、指定なしのエコノミーということにした。
それでも、私たちが泊まることになっている天福源リゾートは、広州の乗り継ぎガイドが言うには5つ星らしい。
意外といいかも〜なんて期待しちゃあいけなかった。
確かに大きくて、悪くはないのだが、全体に古い。
部屋に入ると、それははっきりしていて、壁、床、バスタブ、ドアなど、全て古い。
アンティーク的な古さじゃなく、ただ古いのだ。
ドアはカード式なのだが、なかなか認識してもらえない。
4〜5回。時に10回以上抜きさししてようやく緑のランプがつく。
ユニットバスはなぜか内側に扉があくので、出入りがかなり不自由である。
まぁ、安いんで文句は言えまい。
バルコニーもあるし、景色は・・・。
あっ、こっちは山側だ。
折角海に面して立っているホテルだというのに、窓から見える景色は海の逆。山側なのだ。
山側といえば聞こえがいいが、見えるは、ホテルの玄関で人がクルマを乗り降りしている様子。そして山との間に大きく広がる空港である。
ツインをふたつだったので、隣の様子を見に行く。
「同じ?」と訊くと、「同じだよ」の答え。
でも大きな違いを発見。
こっちの部屋、バルコニーないじゃん。
ま、格安だから・・・・ね、ということで納得。



後から気がついたのだが、ウチらの部屋、ロビーから上を見上げると、こんな風にオシャレな天窓がついていて、それ越しに丸見えだった。
半裸でうろちょろしちゃったじゃん。


エアコンもきくみたいだし、部屋は許せる範囲かな。

さて、このホテルの売りはだだっ広いプールらしい。

朝食を食べた後、早速、水着に着替え、プールへ。


これはキレイだし、人もそんなにおらず、楽しめた。



プールサイドには温泉(ホントに温泉かどうかは不明)の丸い小さなプールがふたつと、ドクターフィッシュがいる小さなプールがある。



ドクターフィッシュって、人間の垢とかをついばんで食べてくれるとかいうやつだ。
お台場の大江戸温泉にもいたけどね。

30分で38元の料金だが、朝がまだ早いと係員もまだおらず、みんな、足を突っ込んでいる。
てことで、私たちも入れてみた。


おっ、来る来る。
ちょっとこそぐったいのが気持ち良かったりする。
娘なんかは最初は怖がっていたというのに、すっかり気に入ってしまい、毎朝足を突っ込みに行った。

プールで散々遊んで少しあきたら、海に移動。
プールから30メートルほど歩いたところがバスなども走る道になっていて、その道路を越えて、また30メートルほど行くともうそこが海である。


海は人もさほどおらず、波もそれなりにあり、下は砂浜で遊ぶには条件が揃っている。
ただビーチは何だかさえない。
ゴミが浮いてるとか、そいうことはないのだが、なんだかなのだ。
中国のハワイと言われているのに、こんなものか?
でも、これはここら辺の地域の砂の質に問題があるようで、街に行くまでの海岸は海もキレイな緑色をしていて、美しかった。

波があって、浮輪があれば、かなり長い時間遊んでいられる。

二日目と三日目の半分は海とプールで過ごした。

大型のホテルではあるが、敷地はそんなに広くないので、使い勝手はいい。
バリ島やグアムではホテルが大きすぎて、どこに行くのも遠くて疲れてしまった。
バリでは部屋からロビーに行くだけで5分以上かかったもんなぁ。

ただ、レストランは朝食会場になっていたロビーの前のところと、中華料理の店がひとつあるだけで、晩飯までをホテル内で食べる気にはなるない。
かといって、歩いていけるところに店はまるでない。
結局、タクシーに乗って、街に行くことになる。
街ではだいたい30元、私たちが両替した感じでは日本円で450円ぐらいだろうか。
距離は10キロ以上で、15分ほどかかる。
タクシーはメーターばかりでぼったくられる不安はない。

街の様子、食事については3日目にまとめたいと思います。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 09:03 | - | -

コメント
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状