世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

世界一周に必要な服


衣類が荷物の半分を占めるので、何をどれだけ持っていくかは重要ですよね。


私の場合、こんな感じで持っていきました。
パンツ×5枚
靴下×5枚
半そでTシャツ×5枚
長袖シャツ×2枚
ボタンシャツ×1枚
ジーパン×1枚
セパレートの薄手のズボン×2枚
ジャケット(防水加工のモノ、レインコート代わりにもなる)×1枚

下着パンツ
ユニクロの速乾性のモノを持っていきました。
途中で破れて減ったり、海外で買い直したりして数は上下。


Tシャツ
日本でアウトドア用品店でコロンビアのTシャツを1枚買って持っていきました。

これが丈夫で、半年以上に渡り、ほぼ3日に一度は着ていたというのに劣化せず、日本に持ち帰り、今でも着ています。
Tシャツは海外どこでも買えますが、2度ほど着たら、首がだらーんとして捨てたものもあります。あんまり好きな柄じゃなくて、他に着るモノがない時に仕方なく着るというモノもありました。
まぁ、Tシャツなんか、どこでも買えるので悩むようなモノではないでしょうね。

ジャケット
1度目の旅立ちではアディダスのウインドブレーカー。
これのいいところは畳んでかなり小さくなること。
欠点は軽い雨ならばはじいてくれますが、かなりの雨ではどんどん浸み込んでくること。もうひとつ本気で寒い場所ではかなり寒いこと。中にたっぷり着ていれば問題ないのですが、中に着るモノもたいして持っていませんでしたので。

2度目はもう少し暖かい方がいいかとコロンビアの防水性のジャケットを購入して着ていきました。これもアディダスに比べたら大きめですが、畳むとかなり小さくなります。防水なので雨もしのげます。

しかし、実際、着ていると暑い。
ちょっと肌寒いから羽織るには向いてないのです。
肝心の雨ですが、そんなに雨に降られることもなく、またそんなに雨降った時は上半身はこのジャケットで大丈夫ですが、下半身はベタベタ。意味ありません。

結局、パリで家族と合流した時に前着ていたアディダスのに交換してしまいました。


ズボン
メインはジーパンです。
ジーパンは万能で、暑い時、寒い時、大丈夫。
そこら辺に座り込むのも大丈夫です。

もうひとつ、セパレートタイプのアウトドア用のズボンを買って、持っていきました。

トレッキングとかする欧米人がかなり履いているヤツで、速乾性。干しておくと、すぐに乾きます。
最大の特徴は途中のチャックをはずすことでショートパンツにできること。
ドミトリーの時の寝巻きがわり、部屋着としても使えます。もちろん、本気で暑い場所ではそのまま履いて街歩きできます。
ただ、薄いので(薄いのを敢えて買ったんだけど)、ジーパンのようにそこら辺に座りこむとすれて破れるんじゃないかと心配があります。
ギリシアの島でバイクでこけた時はこれをはいていて、スレた熱で穴があいていました。
自分のカラダを守るためにも、バイクに乗る時はジーパンの方がいいなぁと思ったしだいです。
このタイプのパンツの私にとって一番いけないのは何かだらしなくなることです。
ポケットに財布やら、カメラやらを突っ込むせいもあって、常に下がり気味になっちゃうのです。
一時期ジーパンが破れて捨てて、このタイプのパンツ2本で過ごしていましたが、やはりダメだとジーパンをイスタンブールで買いました。

寒い時はジーパンとセパレートパンツの2枚を重ねてはいていました。
これでかなり違います。

長期旅行者の人たちはよくイージーパンツをはいていて、カッコ良かったです。


長袖シャツ
防寒具として、一度目の旅立ちの時はスェット地のパーカーを持っていたのですが、これが丸めても嵩張るので、二度目の旅立ちの時はコロンビアの長袖シャツを買って、持っていきました。
寒い時に着ようと思っていたのですが、ほとんど毎日着ていることになりました。
3ヶ月ぐらいほとんど毎日着ていたのでイヤになり、他の荷物と一緒に日本に送ったのですが、やはり必要と、スイスでわざわざ似たようなモノを購入、結局、最後まで着ていました。
速乾性のヤツだったので、洗濯の後の乾燥が楽。Tシャツやパンツの速乾性よりも早く乾くぐらいでした。
ボタン、エリがあると、ちょっとしたレストランだったら行けるというのもいいですね。
まぁ、そこまで気を使うようなところはほとんどいきませんでしたが。
かさばらないので、1枚あると何かと便利です。



靴下
靴下ほど、日本で買うのがいいと思ったモノはありませんでした。
どこの国の人でも、靴下を履いているのでどこでも買えます。
が、なぜか、すぐ破れる。ヨーロッパで買ったのは男性一般用だとデカすぎてぶかぶか。
靴下は素材により、中々乾かないヤツがあるので、行く前に厳選して買っていけば良かったと何度も途中、思いました。
宿のドライヤーで何度乾かしたことか・・・。

調べたら、速乾性の靴下ってのもあるんですね。知らなかった。

お役に立ちましたら、ランキングのクリックお願いします。投票になります。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 10:17 | - | -

コメント
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状