世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

サファリツアー初日〔ケニア・マサイマラ泊〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります


2007年11月26日(月)

ツアーのピックアップは9時半。
荷物はまとめてあるので、9時に起きれば十分か──なんて思っていたのに、8時半にどやどやと人が入ってきて、さぁ、行くぞ、起きろ、と怒鳴られた。
は?
出足から何だかなぁ。

ハイエースには俺とドイツ人のオバサン、途中からスウェーデンの若者が二人。そして黒人のドライバーとアシスタント。
郊外に向け、クルマは走る。

景色のいいところで休憩。



道はかなり悪い。
舗装された道はぼこぼこと大きな穴がいくつも開いている。
それにはまるぐらいだったら、という考えなのか、どのクルマも舗装されていない路肩をすっ飛ばして行く。
舗装の意味ないじゃん。ていうか逆効果。



移動の途中に見える景色がいい。
マサイの人が牛を歩かせてたりなんてのは珍しい光景じゃない。
みんな、クルマを見ると、陽気に手を振ってくる。



えっ、今のキリン?

向かっているのはナショナルパーク。
が、驚いたのは、そこに行く道にもうキリンがいたこと。
大きな保護区の中にだけいるもんだと思っていたよ。



ていうか、いくらでもいるじゃん。
夢中になって写真を撮っていると、ドライバーが「キリンなんて、so many会えるんだから行くぞ」と言ってきた。



途中、休憩したレストランから見えた町。
アフリカに来てるんだという気がしてきた。



みんなが叫ぶ英単語がわからない。
ダチョウはostrichかぁ。



キリンはgiraffeね。
キリンはキリンだと思ってたよ。



にしても、デカイなぁ。



しまうまもいた。
zebraだな。

しまうまの面白いのはメッチャ、こっち見ること。



あっ、目が合った。



二匹同時に目が合った。



ケニアでのサファリはほとんどがトヨタハイエース。
日本のサファリパークのクルマのような檻なんかはついてない。
どのクルマも屋根をこんな感じで開けられるように加工してあって、そこから客たちは顔を出して、見物するのだが、もちろんそこは無防備。
ちなみにクルマはジャパーニーズテクノロジー、屋根はアフリカンテクノロジーだぁと自慢された。



これ何だったけか。
セーフチアイテロープか、オリックスか?



こっちはトムソンガゼルかな?



キャンプ場横のマサイ村を訪問。
ここのマサイは観光が大きな収入源。
訪問といっても、入場料をとられる。
2000円くらいと安くない。



ダンスを披露。



アフリカの夜がはじまる感じだ。

寝るところはテントだと聞いていたので、人一人が寝られるいわゆるテントかと思ったら、常設のかなり大きなテントで、中にはベッドがふたつ置いてあるし、ライトもあって、かなり快適。

夜、キャンプ場でマサイの人たちと話をする。
ちなみにマサイの人たちは学校でしっかり英語を勉強したとかで、英語が上手。
ケイタイ電話もかなり普及している。



うん?! その耳、何?
あっ、大きなリングを入れたりするから、大きく切ってあるわけね。

お願いして写真を撮らせてもらう。

彼は15歳の時に耳たぶをくりぬいたそうで、半年間耳が熱くて、眠れなかったそうだ。

そして更に驚かされたのはこの耳たぶがぶらぶらして邪魔なようで、普段はぐるりと半回転させ、耳の上に耳たぶをかけていたこと。
アフリカはかなり興味深いぞ。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 00:00 | - | -

コメント
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状