世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

恐怖のダウンタウン〔ケニア・ナイロビ泊〕
ナイロビは歩かないで By 地球の歩き方東アフリカ06-07年

治安は昼夜を問わず著しく悪化しているため、タウン中心部以外は昼間でも決して歩かないでほしい。ナイロビでは殺人は決して稀な事件ではない。
ダウンタウンには旅行者は誰ひとり歩いていない。いつ、どこで強盗、殺人事件が起こっても、まったく不思議ではない。旅人は絶対行ってはいけない。



2007年11月25日(日)
ついにケニアに来てしまった。
正直、恐い。
が、来てしまったら、行くしかあるまい。
エジプトダハブで会ったマコ&ヨーコはケニアほど楽しかったところはなかったと言っていた。
まずは空港の中をうろうろ。
ケニアではサファリのツアーに入るつもりなので相場などを知りたい。
旅行代理店のブースが見つかった。
そこで、値段などを訊く。
安くはないが、高くもないって感じだ。
しかし、黒人さんってのは話をしているのには凄く愛想が良くて、好きなんだよなぁ。
えっ?! サービスで旅行代理店が経営しているホテルに無料で泊まらせてくれるって?
どうせホテルは探さなければいけないと思っていたから、ラッキーかも。
それもツアーの前の日、帰ってきた日から3日間。合計4日間もかよ。
いやぁ、太っ腹だなぁ。

ホテルはマコ&ヨーコが長期滞在していたニューケニアロッジに行こうかと思っていたのだが、そこはダウンタウンの中。
日本人のバックパッカーがいっぱいいるという話だったけれども、この旅行代理店のホテルは安全な地域にあるというから、こっちにした方がいいか。

はい、じゃあ、今夜泊まって、明日からツアーってことでよろしく!

タクシーに乗り、旅行代理店の奴と一緒にナイロビの中心地へ。



かなり都会だけど、危ない雰囲気がぷんぷんする。

ビルの8階にあるというオフィスに向かう。
ここでツアーの交渉。
2泊3日で300ドル。値切りに全然応じてくれない。
じゃあ、ニューケニアロッジに行くわと立ち上がったら、そこはダウンタウンだぞ、殺されるぞと脅される。
成果あって、270ドルにはなった。
でも、後で欧米人に訊いたら、もっと安くいけたみたい。俺、交渉苦手。

よし、これで明日からのツアーは決まり。
そして、ホテルも決まりって、ホテルってどこよ。
何? このオフィスの奥?
確かにベッドがいくつかあるけれど、ここで寝ろってことかよ。
ホテルって言うより、ただの従業員仮眠室じゃん。
まぁ、それも面白いか、と思ってしまうのが悪い癖。
ちょっと寛ぐが、時間がつぶれない。まだ昼過ぎ。退屈。

少しだったら外出てもいいかぁ。

オフィスにいた奴に安全な地域、危ない地域を訊き、ビルを出る。
もちろん、最低限のお金しか持たない。カメラも持たない。
スーパーで明日からのツアーに備え、買い物なんかをする。
蚊取り線香、虫除けスプレーなどなど。

ああ、やっぱり、今まで行った街とはかなり違うぞ。
写真、撮りてぇー。

一度、部屋に戻り、荷物を置き、パンをかじる。
う〜ん、やっぱり退屈だ。
もう一度外に出る。

教えてもらったネットカフェへ。
雑居ビルの3階にあるので少し入るのに躊躇われたが、まぁ大丈夫。

まずは比較的安全というケニヤッタアベニューなどを歩く。
別に問題なさそうだ。
時々、白人の観光客の団体が歩いている。
中にはタンクトップにショートパンツの女の子までいる。
あれが良ければ、俺なんか、超安全だぜ。

ダウンタウンの際まで行ってみるか。
ああ、やっぱり、ダウンタウンってのはかなり魅力的に見える。
道端を埋め尽くすように、物売りが出ている。
ちょっとだけ、ちょっとだけ見てみよう。
確かに、黒人以外は全く姿がない。
でも、みんな、全く気にしてない様子。

何だか色々と売っていて、面白いんだけど。
歩いている内にダウンタウンの奥に入ってきた。
あっ、そういえば、もう少し行けばニューケニアロッジだ。
てことで、ニューケニアロッジを訊ね、中に入れてもらい、情報ノートを見せてもらった。
そう、マコ&ヨーコが色々と書き込んだと言っていて、泊まらないまでもそれを見たかったのだ。
あった、あった。
確かに3ヶ月前、彼らはここにいたんだ。
何だか、ほんわりきた。
ダウンタウンを歩き回り、ホテルの近くのチキン屋に入り、フライドチキンを食べた。

ホテルに戻ると、相変わらず他に客はいなかった。
じゃあ、俺だけなのかと思うとそういうワケではなく、従業員なのかよくわからないが、知らない黒人が時々入ってきて、横のベッドで寝だしたりした。

ロンドンで買った、船戸与一の虹の谷五月を読む。
フィリピン人の話。
ナイロビでフィリピン人の話を読む日本人。どうなんだろう。

おまけのホテルなので文句は言えないが、シャワーは水だった。
ダニがいなければいいんだけど、ね。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 00:00 | - | -

コメント
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状