世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

遠いホテル〔アイスランド・名前の知らない街泊〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります


2007年11月17日(土)



素敵なホテルで遅めの朝食。
朝10時にならないと朝日があがらないので、いつまでも暗い。


11時にホテルからブルーラグーンに送ってもらい、そこからバス乗車。レイキャビックの街に向かう。

結構、遠いぞ。
そして寒い。

まずはツーリストインフォメーションを目指す。
アイスランドではどうやって観光するかまだ決めかねている。
ツアーでまわるか、自分でバスでまわるか、レンタカーでまわるか。
ツアーは適当なのが見つからない。
バスは本数が少なく、寒い地域だけに、長時間バス停で待ちぼうけは死ぬ。となるとレンタカーかぁ。
しかし、物価高なんだよなぁ。

ツーリストインフォメーションで相談。
一日6900クローネがレンタカーの最安値らしい。日本円にすると1万3〜4千円かぁ。つらいなぁ。一人だし。
が、申し込むことにした。
旅もあとわずか。後悔することなく突き進もう。

ツーリストインフォメーションにクルマを持ってきてくれるのかと思ったら、迎えが来て、そこからレンタカー屋に移動。
おいおい、郊外に出ちゃって、かなり遠いし、道が複雑。
とりあえず契約。



アイスランドは島国。大きさは北海道と似ているらしい。
てことは、一日、二日で一周は不可能。
念のため、レンタカー屋のオッサンに一周したいんだけどと言うと、笑われた。

オッサン、お勧めの半島に向かう。
景色が・・・何て言ったかな。ラブリーだったけか。



1号線を北に向かう。
Borgaenes、Buoir、Stykkisholnur。
景色は確かに素晴らしいけれど、寒い中、ひとりぼっちドライブ。それもここはアイスランド。地球のどこら辺だったけかな?



5時になると夕暮れてきた。
やばっ。

レンタカー屋のオッサンがワンダフルと言っていたホテルに到着。
もちろん予約なんかしてないので、空き部屋ある?と訊ねる。
にしても、高そう。
ノー!と一言。
やばっ。
荒地に一軒だけあるようなホテルだけに、次のホテルを探すのは大変だぞ。

このまま進むと半島の先に行くだけ。
来た道を戻る。



道路ってのは海沿いによくある。
今、走っている道路も海を沿うように走っている。
海からは風が強い。
て、こんなに強いかぁ?
道の真ん中を走る。なぜなら、突風で道をはみ出してしまいそうだから。
早く街に着きたいのに50キロ以上、いや30キロ以上、スピードが出せない。
車高が少し高いせいか、ゴロンとひっくり返らないか不安になってきた。
それほどの強風だ。


途中、ドライブインに寄り、ホテルが沢山ある場所をたずねる。
そこの街までは・・・1時間?! 遠いなぁ。



溶岩の黒、コケの緑、霜の白と、今まで見たことのないような色彩に感動しつつも、とにかく早くホテルに入りたい。
ようやく目的の街に到着。
やった、ホテルの看板が見えたぞ。
この丘を登るのかな。
すいませ〜ん。
あれっ、人気がないし、電気もついてない。
これは営業してないな。
アチャー、参った。
シーズンオフってことかな。
グルッと街を一回りする。
またホテルの看板を見つけた。
ここは・・・やっぱり営業してない。
う〜ん、ノルウェーの時みたいにクルマの中で寝るってわけにはいかないぞ。


誰か訊く人はいないだろうか。
市民体育館のようなところに明かりが見えた。
ここが宿泊施設があるってことないだろうか。
普段ならば、訊ねることはないんだが、致し方ない。
中ではバスケットの練習をしている人たちがいた。
そのコーチらしき人が出てきて、ここは宿泊施設はないが、街のホテルのマップをくれた。
サンキュ。
とりあえず、手当たり次第にまわってみる。
B&Bと書いてあるところに行ってみる。
住宅地の中だ。もしかしてこの中の一軒がそうなのかもしれないが暗くてよくわからない。
あきらめ、次の場所へ。
あっ、これはさっき営業してなかったホテルか。
こっちは最初の営業してなかったホテルだし。
暖気を入れてあるが、寒さが、クルマの中まで伝わってくる。

もう辺りはすっかり暗い。
レストランらしきところもないし。

違う街に行ってみようか。でも近くに大きな街なんかなさそうだぞ。
こっちのB&Bはどうだろうか。
地図がよくわからない。
ここはさっきも通ったし。あっ、こっちに細い道がある。こっちかも。
入っていくと看板があった。

知らない国。知らない土地。知らない街。あたりは暗く、寒い。
いくらB&Bと看板が出ていても、見た感じはまるっきり民家。
このチャイムを鳴らすのってちょっと勇気がいる。
でも、今はそんなことを言ってる場合じゃない。とにかく寒いのだ。
中々、出てこない。
もう一回。
あきらめかけた時、ドアがあいた。
ホテル、やってますか? 泊まりたいんですけど・・・。
OK?!・・・やったぁ。

部屋を案内されたら、ホテル並にキレイで、使いやすそう。うわぁ、アイスランドの暮らしって素敵だなぁ。
小物もシャレてる。
いろいろとシステムを聞く。
えっ? キッチンにある食べ物は食べてもいいってこと?
ちょっと待ってよ。食パン、ジャム、ハム、チーズ、牛乳、ヨーグルト、コーンフレーク、フルーツもあるよ。コーヒー、紅茶はもちろんだし。それが食べ放題ってこと?
朝飯って言わなかったよね。

てことは・・・いただきまーす。

ちなみにホテル代は4000クローネ。日本円で8000円ぐらいか。

ベッドを窓際に寄せ、空を眺めながら眠る。
今夜はオーロラ見えるかなぁ。

厚着をして何度か外に出る。
緑色の発光が見えた。あれがきっとオーロラ。よく見る帯にはなってなかったけれど、あれがオーロラ。
写真撮ったけれど、ワケわかんない。
その代わりに、昼間に撮影した変わった色の雲をどうぞ。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 00:00 | - | -

コメント
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状