世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

ケーブストーンルーム〔トルコ・カッパドキア泊〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります


2007年10月13日(土)
ネムルトゥーダツアー3日目



ツアーで一緒だった太った香港人がこれを飲んでいた。
えっ、日本のじゃん。


日本でも有名でしょ?と訊かれたが全く知らなかった。
香港では、街中に物凄く大きな看板があるそうで、誰もが知ってるらしい。

にしても、これ飲んでも、チャイに4つも角砂糖入れてたら、意味ないと思うのだが・・・

朝、悲しい失敗をしてしまった。
朝食を食べた後、部屋で時間があるからと、破れた帽子をお裁縫していたら、ガイドから電話が掛かってきた。
「カム・ダウン!」
あわてて、下に行くと、全員が待っていて、白い目で見られた。

えっ、まだ8時5分じゃん。
集合時間は8時15分でしょ。

何で? 何で? 何で?

あっ、もしかしてと、後から優しいオーストラリア人のおばあさんに訊いたところ、集合時間は8時15分だったそうだ。
なぜ勘違いしていたかと言うと、集合時間は「15to8」と言われたので、てっきり8時15分と思ってしまっていたのだ。
そうか、8時15分前かぁ。そりゃ、みんな、集まってるわな。
ていうか、きっと中学の時とかに習ったんだろうな。
でも、聞いた時、危ないと思って、横のアメリカ人に、15to8って、7時45分のこと?と訊いて、そうだって言われたんだけどなぁ。
まぁ、それも、きっと俺の訊き方が悪かったんだろう。



この日はひたすらカッパドキアへ移動。また600キロ。
ちなみにガイドは運転手も兼ねているので、ホント、頭が下がる。



イスムラ圏の興味深いのはファッションからして違うこと。


つい、カメラを向けたくなるが、女性には特に許可なしはタブー。


トルコはキレイな女性が多いですねぇと、知り合った人につい言ってしまったが、そういうこともあまり言ってはいけないらしい。


じいさん、渋い。

途中、何箇所かで観光しながら、ひたすら走る。



今夜のホテルはパムッカレでブッキングしてもらったケーブホテルのはずだ。
が、ガイドは聞いてないという。
不安がよぎる。
そうだった。俺はトルコでの予定をずっと、あのパムッカレであった調子のいい男に委ねてしまったのだった。
とりあえず、そこだと聞いていたホテルでおろしてもらう。
レセプションに行くと案の定、「聞いてない」と言われてしまった。
やられたか・・・?
が、ちゃんともらっておいた領収書などを見せ、パムッカレの男の電話番号を見せると、電話してくれ、泊まれることとなった。
ほっ。
が、案内された部屋がおかしい。
ケーブルームと訊いていたが、どう見てもケーブじゃない。
ブロックを積み上げてつくった建物である。
抗議すると、ホテルのオーナーは余裕の顔で、「だから、お前の部屋はケーブから切り出したケーブブロックで作ったルームなんだよ」と言った。
そ、それって、詐欺じゃん。
ケーブって洞穴だろ?!
そもそもケーブホテルだから、全体がケーブの中にあるぐらいのことと思ってたよ。
そういう写真のパンフ見せられたし。
そう言うと、看板を見てこいとオーナー。
ウチのホテルの名前は「ペレ・ケーブ・ホテル」だ。


な、名前だけかよ!!!

かなり抗議したら、恩着せがましく、ケーブルームにかえてくれた。
何か納得いかないが、仕方ない。

ちなみに、この抗議、オーナーの説明は毎日のようで、自分が泊まっている間に何人もはめられていた。
やられるのは、イスタンブールなどの他の街でブッキングした英語があまり得意じゃない日本人や韓国人である。
抗議をきつくすると部屋を変更してくれるが、あまり抗議しないと変更してくれない。
だから、後から来た日本人は、抗議するように勧めた。

夜はネットカフェであった日本人の女性二人と韓国人の女性一人のグループと食事に出かけた。
ネットカフェで会っただけで食事に行くってところが旅ならではである。


日本人の女性二人はちょうどこの日が日本を旅立って1年目ということで、お祝いだ。

きっとまだ旅してるんだろうなぁ。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 00:00 | - | -

コメント
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状