世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

また夜行列車〔ブルガリア・列車の中〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります

さすがに早く寝たので、深夜に目が覚める。
スカイプで久しぶりに家に電話。

このだらだらした雰囲気をぶっ飛ばすために、ここからアテネまで飛行機で飛ぶということを考えた。
そして、明日はギリシアの島へ飛行機で移動。
これしたら一日節約ができる。

予約の画面、名前まで入力。この後、クレジットカードのナンバーを入れたら確定だ。
ここで手が止まる。
ブルガリア料理食べてないしなぁ〜〜〜。
夜行列車もおもしろそうなんだけどなぁ〜〜〜。
こうなったらダメ。
もう一回寝て起きたらもう飛行機に間に合わない時間。
とりあえず朝食。

地下のこんな雰囲気のレストランが朝食会場。

よくあるバイキング形式ではなく、メニューが出てきて、アメリカンブレックファーストか、イングランドか、カントリーかと選ばされた。
ここのホテルはまだオープンして6週間。だからかスタッフはみんな慣れてない。
何度も注文を確認しに来る。
美味しかったけれど、量が多かった。

部屋に戻り、さて。
行きたいところも、行かなければいけないところもない。
インターネットも使えるってことで、12時のチェックアウトぎりぎりまで寛ぐことに。
久しぶりに荷物の整理などしてみる。

2日ほど前から異臭を放っているスリッパ。

多分、その前日ぐらいにシャワーに行った時、水はけが悪く、その水に長く使っていたのが理由だと思う。
ドブの匂い。
サラエボのドミトリーで、誰だ、臭いヤツは・・・まぁ、お互い様だから仕方ねぇーなぁと思っていたら、自分のスリッパだった。
洗ってみたが、やっぱりダメ。捨てる。
確か、スイス国境近くのドイツの町で買ったはず。
さようなら。
日本に持って帰ることを夢見ていたけれど、無念。

しかし、海外にいると水はけの悪さが気になる。
今いるホテルも最新でオシャレなのに、水はけが悪い。
洗面所はあふれかえるし、その下にたまった水は逃げていかない。
日本の左官の技術はかなり高いのかもしれない。
そもそも、海外では、シャワールームにはじめから、プールで使うような水をはけさせるモップが置いてあるところが多い。

チェックアウト。
やはり物凄く慣れてない。
もしかして、客、まだ10組も来てないんじゃないのかってぐらい。
これがレセプション。


150ユーロは高いと思ったけれど、近くのシェラトンは300ユーロぐらいから。そのシェラトンはぼろぼろ。妥当なのかなぁ。
ロビーはこんなの。


トラムに乗り、駅に切符を買いに行く。
トラムの切符はこんなの。車内でパンチを自分で押す。この穴の開き方で車両が判別できるらしい。


インターナショナルの切符売り場は駅の奥。


クレジットカードは使えず、ユーロも使えない。ブルガリアのキャッシュのみ。
金額を聞き、その分を近くのATMで引き出す。
で、買ってみたら、おつりがないとかで、足らない分を1ユーロのコインをくれた。
じゃあ、ユーロ使わせてよ。

昨日とは正反対の今日は快晴。
あんなに冴えない気がしていた町の印象がかなり違う。


でも、マネキンは冴えない。


壁中にチュッパチャップの広告も冴えない。


いやいや、この国も美人が多いではないか。
美人は雨の日は外に出ないのかもしれないな。


ちなみに左の人たちは何かのデモ。何のデモかは不明。

ちょっと気分がいい。
ブルガリアレストランの店に行ってみる。
3時過ぎという中途半端な時間。
これが、ヨーグルトの入った冷たいスープ「タラトール」。



ブルガリアといえばヨーグルトと日本人に思われているって、ブルガリア人、知ってるのかなぁ。
でも、あれって、多分、明治のただの商品名だよねぇ。

メインはこれ。カヴァルマ。肉と野菜をあわせて炒めたブルガリアの代表的な料理だそうだ。


料理はそんなに感動するほどは美味くはなかっが、たまたま隣に座っていた日本人女性ふたりが「私たち飲みきれなかったので、よろしかったら」ともらったワインはとっても美味しかった。

10日間の休みでブルガリアとルーマニアを旅行するんだって。

ホテルで預けてた荷物を回収。駅へ。
キオスクで残ったお金でジュースやお菓子を購入。端数はその店の女の子にチップ。まぁもらっても嬉しくないようなお金だけど。

ブルガリアって、第二次世界大戦の翌年、国民投票で国王の退位が決まり、国王は亡命。その後、社会主義の国になり、ソ連崩壊後、民主化が進み、2001年の選挙では、なんと、亡命した元国王がブルガリアに戻り、首相に選出されたそうだ。
元国王は亡命先のスペインでホテル経営などのビジネスに成功したとか。
スゲェ人生。
ちなみに大統領は旧共産党系の社会党党首。ややこし。

今度の列車は17時30分発。到着は明日の朝6時。
スカイプで日本に電話した時にも驚かれたけれど、ブルガリアとギリシアは隣国。


列車は今まで乗った寝台車の中でも、北欧と並んでキレイ。
ひと部屋に三段ベッドがある。棚や洗面所もあって悪くない。
寝台列車は理由はわからないけれど、車掌が検札にきて、切符を持って行く。降りる時に返してくれるというシステム。理由は何だろうか?


車掌にこの部屋のゲストは何人?と訊くと、紙を見始めた。どうやら、そこに書いてあるらしい。
「ワン」
やったぁ、また一人部屋だぁ。
──────────
今日の記録

主な支払

食事買い物 20ユーロ
列車代金 100レフ

移動
ソフィア→アテネ
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 23:34 | - | -

コメント
from: トウィンクル   2007/10/03 8:56 PM
ブティックホテルだったんすね。いまいち内装が怪しい雰囲気を放ってましたが(笑)。なんとなく寂れた垢抜けない印象ですね。ブルガリアといえばローズが有名なんですよ。ギリシャ期待しています。
from: やんちゃな妹   2007/10/04 2:07 AM
パリでは大変お世話になりました。
あ…夫婦で世界一周してる人の妹です。

今私はアジアの1ヶ月の旅を終え、
明日バンコクからエジプトのカイロに飛びます!

その後トルコに行きます。どこかで会えたらイイですね☆

コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状