世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

夜行バス疲れに雨〔クロチア・ドブロブニク〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります。

夜行バスに乗るのは何回目だろうか。
南米ではチリで1回、ブラジルで1回、アルゼンチンで1回。
ヨーロッパに入ってからはワルシャワからリトアニアに行く時に1回使っただけ。
南米では3回とも、座席は広いし、足が伸ばせるようになっているし、トイレもあるし、飲み物もあった。そうそう、食事がついているバスもあったよなぁ。イヤホンが配られ、音楽やビデオが楽しめるというサービスもあったぞ。
それに比べるとひどいよぉ。
座席はフツーの1〜2時間乗る程度のバスのと一緒。
途中、いくつもバス停があり、乗り降りする人が多いので、その度に起こされる。
そういえばカーテンもない。
19時発を選んだせいか、そんなに混んでいないのでまだ横に誰もいないからいいが、これがいたら最悪だ。
ああ、そういえば、南米ではブランケットや枕がもらえるというサービスもあったなぁ。
夜中、寒くなってきたよぉ。
ドブロブクニは地図で見ると、飛び地になっていて、一度ボスニアヘルツェゴビナを通る。まぁ、それは仕方ないのだが、そうなるとパスポートコントールが必要。
ようやく寝られたと思ったら起こされるの繰り返し。
そうそう、この路線は海岸線を走り、アドリア海がキレイに見えるはず。
朝日のアドリア海を見ていこう──。
おい、いつまでたっても真っ暗じゃないかよ。
そうなるとただただ、海岸線のくねくねを走るので眠りにくいだけじゃん。

6時過ぎにトブロブニクに到着。まだ薄暗い。
ドブロブニクはリゾート地。バスが到着するとソベと呼ばれるプライベートルームの客引きがわんさと群がる──はずで、そのやりとりをちょっと楽しみにしていたのに、がら〜ん。
誰ひとり、寄ってこねぇーっ!!!
朝、早いからか?! シーズンオフですか?!
それに、雨、降ってるんじゃん。

う〜ん、市街地まで歩いたら30分以上かかりそうだなぁ。
さっきから声をかけてきてるのはタクシーかぁ。

とりあえず、今、ドラゴンボールが集まったら願いはひとつ。
横になりたい。

ようやくひとり、じいさんが「ルーム」と言ってきた。
ドブロブニクの名物はソベのおばちゃん集団なのに、集団じゃないし、おばさんじゃないけど、まぁいいや。
話を聞く。
旧市街地からは遠い。
でも、安い。部屋は今から使える。送ってくれる。
もういいや、そこで寝ちゃおう。

旧市街地まではバスで10分──。
そんな説明はそこそこで、部屋に案内される。
窓をあけると、港が見える、そこそこ素敵な部屋。


ピアノがあり、エアコンがあり、食器棚は開けられないように、ヒモがぐりぐりと取っ手に巻きつけてある。
とりあえずベッドで横になる。
熟睡──といきたいのに、興奮しているのか、中々眠れない。
自分自身、寝たのか寝てないのかよくわからない状態で9時過ぎ。
シャワーを浴び、出かける準備をする。
が、外は雨。それもかなりの雨。
はぁ〜。
じゃあって、パソコンを触る。溜まっているブログの下書き。
昼頃になったら、雨はやむんじゃないかという希望ははずれ、昼過ぎても雨が降っている。
海に入ろうか。島に渡ろうか。
そんな気持ちはもうない。
とりあえず、旧市街地を見に行くか。

傘をさし、路線バスのバス停へ。近くない。道がくねっているので、戻ってこれるか不安。地図にメモをするが、傘さしているので書きにくい。雨で地図が濡れる。

ドブロヴニクは誰に聞いてもいいところと言うところ。
かなり期待していたのに・・・。
旧市街地を歩く。こんな雨でも観光客はいっぱい。自分の傘も他の観光客の傘も鬱陶しい。


水はけの悪いところに足を何度かつっこむ。南米ボリビアで買ったナイキの靴はくたびれ、どこかに穴が開いてしまっているのか、靴下がじわぁ〜と湿る。

アドリア海独特の緑色をしているはずの海も雨では日本海と同じ色。
こういう時は美味しいご飯を食べよう。
カキという名前のレストランに行って、カキと、ムール貝が入ったスパゲティを注文。
生臭さがあって、感激するほどは旨くない。

旧市街地は城壁に囲まれており、その城壁が一周ぐるりと回れる。が、雨。滑って転んだら危ないし。
こういう時は、部屋に戻り、休息しよう。
頑張って、急いで来たのになぁ。

バス停に行き、バスを待つ。
路線バス6に乗れば近くのバス停まで行く。時刻表を見ると1時間に4〜5本あるようだ。
が、全然来ない。
1時間経っても来ない。1時間30分経ってようやく来た。
「はぁ〜、1時間30分も待っちゃったよ」と独り言を言うと、まわりから、「あたしもよ」という声がした。共感というより、自分だけが大変と思うなよなと聞こえてきた。
事故渋滞でもあったのか、6番のバスは5台も立て続けに来た。
なんか冴えない日。

部屋の近くにはレストランもなく、近くのスーパーでパンやハムやお菓子を買って帰る。
それをテキトー部屋で食い、だらだらと過ごす。
ひとつだけ嬉しかったのは夜になって、どこからか無線LANの電波が飛んできて、インターネットにつなげたこと。
暇に任せ、最近のオークションの状況などを見る。

写真も整理したら、全然撮ってなかった。
やる気がない一日。そんな日もあるさ。
──────────
今日の記録

主な支払

食事買い物 15ユーロ
プライベートルーム 110クローネ
バス代金 

移動
ザグレブ→ドブロブニク
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 23:57 | - | -

コメント
from: 株を始める   2014/05/10 4:03 PM
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状