世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

フリトヴィッツェ国立公園〔クロアチア・ザグレブ〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります。

6時過ぎ、数人出て行く人がいるようで、その物音で目が覚める。
自分も仕度を整え、バスターミナルに向かう。
ちょうど一緒に出て行く人がいたので、行き先を訊くと、同じところ。
では一緒にとなったものの、彼は性格なのか、あわてる気配がない。
パンを買いたいから待ってくれ、ATMでお金をおしろたいから待ってくれ。
自信の無さからか、いつも相手にあわせてしまい、結局、それがストレスになる。
目的のバスを見つけたものの、彼の姿がない。
発車まで2分。
名前も知らない人だし、そんなにあせってないみたいだから、置いて行ってもいいかと思ったものの、近くにいたらとさがしに行く。
姿があり、声をかける。
ATMでお金をおろし、切符を買いに行こうとしていたみたい。
発車まで2分なのに。
切符は中で買えることは確認済。
乗ったら、乗ったで、水を買いたいと言い出す。
次のバスは8時40分。このバスは7時30分。次のに乗ればいいっていう話でもあるが、1時間もバスターミナルで待ちたくないじゃん。ちょっと頑張れば乗れるのに。
彼はそれでいいし、きっとおおらかないい人なのだろう。
結局、腹が立つのは、7時30分に乗りたいから先に行くと言えなかった自分自身。
いつもそう。
結局間に合ったからいいものの、到着したら、結局ばらばら。だったら、そんなにいらいらすることなく、自分のペースで行けばよかったよ。

今日の目的地はプリトヴィッツェ湖群国立公園。
入場券を買い、入場。
少し歩き出して、すぐにここは凄いところだと思った。

自然が美しいところはどこにでもあるが、地形のせいなのか、景色の変化が多く、歩いていて全く飽きないのだ。


誰がやってもそういうことになるのか、クロアチア人のセンスのよさなのか、道の取り方が絶妙な気がした。自然と調和なんてありきたりの言葉が浮かぶ。
公園の中のだだっ広いところを歩き回ることになるのかなぁと思ったら、体力に応じたコースが用意されていて、ところどころにコースの案内があって、迷うこともない。
一番長距離そうなCコースを選択。


近い将来、家族で世界一周ダイジェスト版をできないかと夢想しているのだが、ここは間違いなくはずせない。


ちょうど足が疲れたところで、フェリーに乗ることになる。
公園の中の乗物は入場料の内。

水がありえないほどに美しい。


今日ほど、カメラのテクニックといいカメラが欲しいと思ったことはないよ。


ホステルのオーナーも言っていたが、今、クロアチアは観光ブームなのだそうだ。
確かにここは遠くから飛行機に乗ってでも来る価値があるように思える。
日本からも夏の間は直行便も出てるのだとか。ただし、JTBの提携で、JTBのツアーだけでうまってしまうそうだ。
日本人の団体客も何組も見掛けた。

美しい景色を見ると、心が洗われるというのは世界共通──と思っていたが、前を歩いてたオバチャン、タバコを吸いながら。
こんなところでタバコ吸わなくていいのになぁと見ていたら、あろうことか、吸い終わったタバコを湖にポンっ!!
ええぇ!!!と悲鳴に似た声をあげてしまったよ。
湖どころか、道にもゴミなんか落ちてない美しい公園なのだ。
「拾えよバカ」って英語でなんて言うんだろうと考える。こういう時は日本語でもいいんだろうか。
その後のオバチャンの行動は更に俺を仰天させた。
なんとオバチャン、大きく手をあげて、後方の人たちを集め、ガイドをはじめたのだ。
そう、オバチャンはツアーのガイドで、団体を引率中。
あ、あんたねぇ、この公園の美しさのおかげで商売できてるんじゃないのかよ。
むしろ、吸殻が落ちてたら、拾う立場じゃないか。


また歩き出す。


ステーション4というところまで行き、バスで帰るというのがCコースだ。


足に疲れは来ているものの、時間の感覚がない。
昼飯買ってきて、どこかで食べたらよかったなぁと思っていたら、カフェに出た。
ハンバーガーを購入。食べていたら、日本人の大学生と一緒になった。
驚くことに、ここがステーション4らしい。
まさか、もうついているとは思ってもおらず、まだまだ歩く気でいたので、拍子抜けしてしまった。
コースとしては5〜6時間と書いてあったのに、3時間もかかっていない。

じゃあと、逆向きだけど、道が違うEコースというのを歩いてみる。
うわぁ、キレイと写真を取り捲る。
ちなみにこの公園だけで200枚は写真を撮った。

そういえば、moroさんのブログの写真や、この公園を紹介した写真で、下の歩いている人たちを見下ろしたような写真があったぞ。
あれはどこから撮ったんだろう? 今のところ、そんな感じのところはなかったはず。
フェリーを降りて、ひとつだけ外れたAコースというのがある。
73メートルある滝を上から見るというコースで、山をのぼるのが辛そうなので、ヤメておいたヤツだ。
それがあやしいということで、Aコースを行ってみることにした。
もうヘトヘトのはずなのに、歩けちゃう。どころか、遅い欧米人を抜かす俺。
あっ、ここ。
それはmoroさんたちの写真で見た写真ではなかったが、これまたよくこの公園の宣伝で使われていた撮影ポイントに間違いがない。
てっきり航空写真かと思ったけれど、ここから撮っていたんだぁ。


ここの湖群は湖たちが段々になっていて、その為に景色も複雑、滝も多い。それがここから見るとよくわかる。

moroさんたちが取ったのは多分ここだなぁ。見つけたぞ。


基本的に歩くの嫌いなのに、10時前に公園に到着して、夕方5時過ぎまでほとんど歩いていた。
美しいということは人間の恐るべきエネルギーを引き出すってことなんだなぁ。
心理学テストとか試したいなぁ
都会のギスギスしたところで一日過ごすのと、この公園で一日過ごした後、どれぐらい寛容度が違うか。

しかし、これですんなりバスが来て、ザグレブに帰れたら、一日幸せだったのに、なぜかバスは時間になっても全然来ない。
4時45分のバスから待っている人も結局乗ったのは6時過ぎ。
どうも、こっちのバスは満員だと通過するということがあるらしい。

今夜も若い日本人が経営するザグレブのホステル。
驚いたことに、今夜のゲストの日本人は多分、俺ひとりだった。
──────────
今日の記録

主な支払

バス代金 146KN
入場料  110KN
食事買い物 100KN
ホステル 130KN

移動
なし
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 23:55 | - | -

コメント
from: yuko&moro   2007/09/26 5:42 AM
エーブックさん、7時間の散策お疲れ様でした。しかも日帰りにびっくりしました。タフですね〜。
やっぱりイイですね!こんどは私たちも晴れているときに行きたいです!!
from: エーブック   2007/09/27 8:07 AM
自分でも驚くほど歩きました。
最近は同じ宿2連泊を心がけています。
二人が行くところはいつも晴れている気がしたんだけど、ブログを読み直したら、曇だったんですね。
今、ドブロブニクでが、雨です。
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状