世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

ダブルブッキング〔イタリア・ミラノ〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります

朝、気持ちよく起きれた。
理由は・・・わからない。
パソコンを開き、今後の予定をたててみる。
まぁ、あまり細かくたてても意味がないのだが、この先は飛行機を使うこともあるだろうから、その予約も必要だ。
正直、不得意な作業。
もっと不得意なのはそれを実行すること。

ホテルは105ユーロもするのに、朝食なし。
駅でも買えるかどうか。
ということで、近くにあるSPAに行く。
モナコの中には安い食堂みたいなのは本当に少ない。ケバブスタンドも一度も見かけなかった。スーパーもたまたま入ったショッピングセンターの地下に隠されたようにあった。看板は外には出ていない。多分、そういう庶民的なものは見えないところにという規制があるかのように思う。
パンと牛乳と飲み物を購入して、ホテルをチェックアウト、駅に向かう。

駅まで地図上ではそんなに遠くないのだが、ここはモナコ。
坂だらけ。
駅(GARE)と書かれた看板が・・・その道は階段だぁ。

何とか駅に到着。
モンテカルロ駅は山の中腹にあるので、下の方から、エスカレーターを乗り継ぎ、登っていくか、山の上に出るかということになるらしい。昨日は山の上に出てしまったようだ。
キオスクで絵葉書を購入。切手は前のタバコ屋にあると言われた。
絵葉書と切手は同時に買わないと結局、出さずに終ることになることが多い。なので、切手が置いてないと聞くと絵葉書は買わないようにしている。
目の前のタバコ屋で買えるんだったらいいやと絵葉書購入。タバコ屋に行くと、切らしているという。なんか詐欺にあった気分。結局、イタリアの郵便局から出した。

今日の移動はモナコからイタリアのミラノ。
昨日、モナコについたところで、切符は買ってある。
インターシティという特急のようなのだが、来た列車を見て、驚いた。
ぼろぼろだ。

それに、ほとんどの座席が、嫌いな個室。
昨日、切符を購入した時、ユーレルグローバルパスだから、ファーストクラスに乗れるのだが、何も訊かれず、2等が出てきた。変えてもらおうかとも思ったんだけど、まぁ、たいして違いもないかとやめておいたのだが、これだったら、ファーストクラスに頑張って変えておけばよかったよ。

個室の何がツライって、気を使う。食べ物が食べづらい。
実は、この列車で事件が起きた。
次の駅、マントンで乗ってきた女性が、俺の座席が、自分の座席だというのだ。
8両目の64番座席。
もうヨーロッパで何度も列車に乗っているが、人にそこは俺の座席だと言ったことは何度もあるが、言われたことはない。
チケットを見せあう。
えっ?! ふたつとも8両目の64番だ。
発車時刻が違うのは乗車した駅が違うので当たり前だが、列車も一緒だ。
これが、噂のダブルブッキングだな。
まぁ、6人の座席にまだ二つ空きがある。
座っておけばいいんじゃないと、横の空いた席に移動。
Where are you from?と訊いてみる。
Japanと彼女。
おおっ、その国はよく聞く名前だ。当たり前、俺の国だ。
日本人通し、英語でやりとりしてたよ。
だからか、さっき、列車の番号言う時にあわてて、ゼロハチと言っても通じたわけは。

しばしダブルブッキングのことは忘れておしゃべり。
車掌の検札がまわってきた時に、同じ座席だよということを伝えると、笑って、じゃあ、二人重なって座れば?みたいなことを言われて、終った。
ちなみに、この列車は10両ぐらい連ねているが、日本人らしき人は俺たちが以外に4〜5人しかいない。随分な偶然だ。

駅に停まるごとに、新たな乗客が乗ってくる。
空席はひとつになり、ついに俺が座っていた65番の座席の人が乗ってきた。
最初は、他に座席をさがすわ〜、という感じで、座席を見に行ってくれたのだが、適当な空席が見つからず、戻ってきた。
仕方なしに、俺が座席を立つ。
通路の補助イスにしばらく座っていたが、列車はゆれるので、少し気持ち悪くなってくる。
空席をさがすが、確かに適当な座席がない。
ファーストクラスだったらあるかもしれないので、行きたいのだが、多分、6車両ぐらい渡っていかなければいけない。
しばらく、通路に座っていて、車掌がまた検札にまわってきたので、座席が欲しいと頼んでみた。
車掌は英語が苦手な様子。でも、意味は通じたみたい。
先ほどまでいた個室につれていかれ、たまたま座席をたっていた人かいたので空いていた座席を指差し、ここに座れと指図。
いやいやいや、ここは今、ちょっと席を立っているだけですよ。
その座席の連れも抗議。
ほら、今、帰ってきた。
そうじゃなくて、もっと穏便な解決方法はないんですかいな?
すると、今度は車掌、俺の座席に座っている日本人女性にもう一度チケットを見せろと言い出した。
だから、そういうことを頼んでるんじゃないって──とは中々通じない。
言われたから仕方なしに彼女がチケットを車掌を見せる。
車掌、まじまじとチケットを見て、一言。
「イエスタデイ!」
えっ?!と俺も彼女のチケットを覗き込む。
今日は9月の5日。彼女のチケットに入っている日にちは、04/09。
車掌は俺に向って、お前はここに座れ。そして彼女に向かって、お前はこっちに来いと言い出した。
何か、ややこしいことになった。
そういうことじゃなくて、ただ、俺は座席が欲しいんだけで・・・とにかく、お前はここに座っておけ!
彼女は通路の端に車掌に連れて行かれてしまった。

確かに、今時、ネットで瞬時にデーターベースに更新がかけられる時代。ダブルブッキングなんて考えにくいなぁと思ったのだ。
もしかしたら、全く同時に、違う駅で発券されたんではないかと、彼女にいつ、チケットを取ったかと訊ねたら、おとといだと言っていた。俺は昨日だ。
その時に、もしかして、彼女のチケット、昨日ってことないかなぁとは疑ったのだが、間違い探しをしてもなぁとそのままにしておいた。
しかし、結論から言えば、その時、間違いさがしをしておいた方が良かったのだった。

しばらくして、彼女が個室に戻ってきた。
「40ユーロ、罰金で払わされました〜」としょげている。
ええっ?!
「おととい、チケットを買う時に、あさってのと言って、そしたら、駅員がそれは何曜日だって言うから、水曜日って答えたのに〜」
40ユーロというのはチケットそのものの値段よりも高いらしい。
駅員が間違えたということを仕切りに言ったのだが、受け付けてもらえなかったとか。
にしても、申し訳ないのは、結果的に俺が車掌に座席が欲しいといったばかりに、発覚してしまったことだ。
車掌は2回も検札で、見逃していたんだから。
だから、先に俺が間違いを見つけておいたら、と思った。

彼女は別の座席に荷物を持って移っていった。

ミラノへは1時間弱送れて到着。
彼女と駅でまた会った。
彼女はアフリカ、イタリアを3ヶ月旅してきて、明日、日本に帰るところ。
最後の最後に悔しい〜を連発する。
何か、結果的に告発したような感じになってしまったので、あまりに申し訳なく、夜、食事をご馳走しますと約束する。

例の如く、ミラノでもホテルは予約していない。
もう9月になったからいいだろうという勝手な判断。
駅前のホテルを順番に訊いて行く。
満室か、200ユーロ、180ユーロ、220ユーロ・・・。
もうホテルがなくなりそうというところが、125ユーロ。
不思議なもので、物凄い高いはずなのに、200なんて数字を何度も聞くと、安く思えてきてしまう。
ていうことで、今夜の宿は125ユーロ。
明日からこそ節約しよ。

しかし、こうなると悔しいのはモナコでのインターネット。
24時間で17ユーロというのを申し込み、はじめたのだが、moroさんたちが、確かミラノで安くていいホテルを見つけたと以前記事に書いていたのを思い出し、検索していたところで、突然、インターネットがつながらなくなった。
再度ログインしようとしてもつながらない。
まだ時間は17時間ぐらい残っているのにだ。
エラーメッセージは移動のボリュームオーバーみたいに訳せる。
何だそれ?
ひとつのサーバーにつながるのに限界があって、いっぱいってことかなと、時間を置いて、何度もトライしてみるが、さっぱりダメ。
ヘルプがあったので、エラーメッセージの意味を調べてみたら、時間だけでなく、データーのボリュームにも制限があるらしく、それに達したという意味らしい。
まさか、無線LANで、データのボリュームを言われるとは思わなかった。
再度買いなおすのも最低単位が24時間の17ユーロしかなく、バカらしいとやめたのだが、結果からすればネットにつなぎ、安いホテルをさがした方が安くすんだということになる。
娘が誕生日だったので、スカイプでつなごうと思ったのだが、それもできなかった。

125ユーロのホテルはインターネットあるだろうとつなげてみたら、ログイン画面。
30分2ユーロだと。
レセプションに行き、パスワードをもらってくる。
ログインはでき、時間経過の画面は出るが、なぜかインターネットの画面が出ない。
何が調子が悪いのかと、自分のサーバーにつなぎ、画像をアップロードしてみたら、できた。
てことは、ネットにつながってないわけではない。
ただ、インターネットエクスプローラーが調子悪いだけ。
もう〜。
あれこれ、直して、再トライしている間に時間終了。
最近、安定して、無料でつながった試しがないよ。

ミラノももちろん、時間はない。
こんなことしてる場合じゃない。観光、観光。
24時間券を購入し、中心部へ。
忘れていたけれど、はじめてのイタリアだ。

ミラノはもっと新しくキレイな町かと思っていたが、意外に古い。
トラムは今まで見てきた中でも、リスボンと並ぶぐらい古い。リスボンは古いトラムは観光化されているが、ミラノはただ市民の足として走っているところが凄い。


ミラノだからという気持ちがあるからだろうか、こんなカバンを持ったご婦人が目立つ。


ドゥオーモに行く。


ここは屋上にのぼれるらしい。
久しぶりに階段を歩くかぁと、少し緊張しながら、屋上への入り口をさがすとELEVATORと書いてあった。
なんとここは、階段ではなく、エレベーターで屋上まであがれるのだ。
いや、幸せ。文明ありがとう。

非常に細かい尖塔の数々はレース細工のようだ、そうだ。


ドォオーモ近くの商店街の中にあった絵。
みんな、ここで踵を軸にして、回っていた。
回転すると何があるんだろうか?
とりあえず、自分も回っておいた。


周囲にはなぜか太った女性の像がたくさん。


夜は、待ち合わせして、ダブルブッキングもどきの日本人女性と近くのリストランテへ。
シーフードスパゲティなど、食べきれないぐらい料理が出てきた。
デザートも食べ放題だったけれど、そんなには食えない。

──────────
今日の記録

主な支払

ホテル代金 125ユーロ
食事・買い物 95ユーロ
一日乗車券 3ユーロ
鉄道予約料金 3ユーロ

万歩計
いよいよなくしたらしい。

移動
Monaco→Milan
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 23:43 | - | -

コメント
from: トウィンクル   2007/09/08 12:40 PM
こんにちは〜、早いもので9月です。相変わらずヨーロッパをぐるぐる周ってますね!すっかり鉄道のエキスパートじゃないですか。ちなみに私は4日が誕生日でした(笑)。イタリア料理おいしそう!
from: エーブック   2007/09/08 1:47 PM
誕生日おめでとうございます。
娘と同じ日なので、一生、忘れないですよ。
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状