世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

TGV&TGV〔ルクセンブルク〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります

レストランの2階のフロアが朝食会場。
素敵なホテル、素敵なレストランは素敵な朝食。
ハムがいかにも高級そう。
もちろん、「そう」なだけで、実際はわからない。
超満喫。
アンケートがあったので、思いつくだけの絶賛の英単語を書き綴った。

バスは9時45分発。
昨夜は半分が海の中だったバス停も今は地面が見えている。
このバス停でバスを待っていたら、係の人が、バスはあがったところの道から出ると告げにきた。
何だよ〜、ここまで来いよ〜と思いながら、少し高台になった満潮でも沈まない通りまで歩く。
すると、歩いている内に、どんどんと海が近付いてきているではないか。
後ろに歩いていた女の子は、カバンが押し寄せる波を浴びていた。
スゲー、満潮干潮力。

バスは半分近くが日本人。
ホテルを出た時にはもう、日本人の団体が歩いていた。
モンサンミッシェルというのは日本人に人気の観光スポットのようだ。

バスは11時5分にRENNESに到着予定だったが、11時前には到着。
予約しているパリ行きのTGVは13時5分。11時5分にもパリ行きのTGVがあるはずだ。
チケット売り場に走る。
ダメだ、10分ではとても辿り着けそうもない列ができている。
直接、ホームに向かう。
駅員に頼んでみる。
コントロールが必要ということで、車掌に訊いてみるということになった。
親切。
でも、多分、満員だと思うよ、とのこと。

新幹線だったら、自由席にとりあえず乗っておけばいいのだが、TGVは全席指定。そういうわけにはいかない。
駅員が車掌を見つけ交渉。車掌は唇をぶるると揺らせた後、手のひらを広げて見せ、そんなのありえねーのポーズ。
よくわんかないけれど、空席はいっぱいあるぞ。途中の駅からそんなに乗ってくるのか?!
乗っちゃえば降ろすワケにもいかないだろうから、とぼけて乗ってやろうかとも思ったが、このTGV20分以上も遅れていて、もう、いいやという気持ちになった。
また駅のチケット売り場に行く。
昨日、BRESTの駅で予約した時は12時5分は満席だと言われ、13時5分にされたのだが、キャンセルがあるかもしれない。
キャンセルなし。やはりフル。
そんなに人気なのかよー。
俺の人相が悪いとか、愛想が悪いからとか、そういう問題を疑う。
少し前にチケットを買っていた日本人の女の子たちがいたので、何時のチケットが買えたのか訊くと、2時45分発だった。やはり人気路線らしい。

近くを歩き回るにしても、この駅は、ロッカーが閉鎖中。
昨日、預けようと思ったら、シャッターが閉まっていて、使えないというようなことを言われた。
駅前を少し歩いてみるが、何ってない。
また駅に戻る。
WIFI ZONEというシールを貼ってあるカフェがあるのだが、昨日、入ったら、パスワードが必要。店員にパスワードをどうやって買うのか?と訊ねようと思ったら、わざとか何かわからないが、無視されてあきらめた。そこにもう一度行く。そこぐらいしかないのだ。
パスワードはどうやって手に入れるの?
はぁ?という態度。
フランスというのは愛想のいい人と愛想の悪い人との差が激しい気がする。
ここの店員は全員愛想が悪い。
ラップトップのパスワード入力画面を見せ、ほら、これが欲しいんだと言う。
ああ、とばかりに店員が視線を動かした先には、壁にチンケな自動販売機が設置されていた。まるでコンドームの自動販売機だ。
どうやら、あれで、パスワードを購入するらしい。
そんなシステム、わかるかー?!
30分3ユーロを買ってみる。
下からプリントされた紙が出てきて、そこにパスワードが書いてあるらしい。
ジーィジーィという印刷されている音はするが紙は出てこない。
紙が出てくる口の奥はあきらかに詰まっている。
店員に出てこないというと、私、知らないという態度。
まぁ、こういうのって、どこでも一緒だろうけれど、業者がやっていることなので、店員の意識としては自分の管轄外ということなのだろう。だから、WIFIについては質問されたくないのかもしれない。
でも、俺の投入した3ユーロは?
何度も抗議したら、レジから3ユーロだしてきて、渡してくれた。

駅の中で場所を変えて、ワイヤレスLANを拾ってみる。
無料というのはなさそうだったが、ORANGEという、こっちの方でよく飛んでいる有料の無線LANを捕まえることができた。
ORANGEはパリでホテルにいた時に10時間分購入していて、まだ時間が残っているはずだ。
パスワードを入れ、ログイン。つながった。
たまっていたブログの更新を試みる。
が、なぜだか、1〜2分するとブツっと切れる。
切れるたびに、手動でつなぎなおしたり、インターネットエクスプローラーを立ち上げなおしたり、ブログの管理画面を開きなおしたりと時間がかかる。
もう更新できる〜というところまで来て、また切れる。いちからやり直しの繰り返し。
こういう時に意地になるのが悪い癖。
30分ぐらいトライしたところで、場所を変えてみた。
ふと気がついた。
これ、同じような現象、以前にもあったぞ。
あったんだったら、最初から思い出しておけという話ではあるのだが。

こうして旅しているとあちこちで無線LANを捕まえることになる。
次につなぐ時にスムーズにつながるように、一度つなげた無線LANは自動的につながるというシスムテがある。
無線LANは場所によっては無数に飛んでいることもあるので、パソコンの中で、つなげる優先順位というのができている。
AがあればまずAにつなぎ、AがなければBにつなぐという具合だ。
普段は決まったものしかつなげないので意識することはないだろう。

どうやらORANGEよりも優先順位が高い無線LANで、電波がかなり弱く、時々なんかのタイミングでキャッチできちゃうのがあるようだ。それをキャッチしちゃうと、ORANGEを切断し、そっちにつなぎにいくといことをパソコンが勝手にするので、1〜2分したらブツブツ切れるという状態になる──と推測できる。
この推測は多分正解で、ORANGEの優先順位をあげてやると、切断されなくなった。
わかったら簡単なこと。わからないと・・・ふざけんな!!ORANGE!金払ってんだからよー!ちゃんとつながっておけよな、ということになる。


おかげで気がつくと、最初の予定通りのTGVに乗らなければいけない時間が迫っていた。
あわてて、ホームに行く。
さぞかし満員なんでしょうねと思ったら、パリまで空席いっぱいだった。意味わかんねー。
チケットの時間や座席指定まで車掌見たかな。11時5分のに乗って、チャレンジしたら良かったかも。

急いでパリに行きたかったのは、今夜はルクセンブルグまで行くつもりだったからだ。
パリ発ルクセンブルク行きのチケットが買ってあればそんなに焦ることもないのだが、昨日、BRESTで買いたいと行ったら、空席はあるけれど、パリで買えと言われたのだった。
確実な意味はわからないが、状況からして、パリ以外では発券できないということに思えた。
そしてパリだ。
15時15分、到着したのはモンパルナス駅。ルクセンブルク行きが出るのはエスト駅。
地下鉄の乗り場をさがす。
これが遠い。パリに最初に来た時もこのパターンだったかな。
改札を抜けてからホームまでがこれまた遠い。
25分ぐらいにホーム到着。
地下鉄は今出たところ。
乗りたい列車は16時09分発。その次は二時間以上後だ。
1分で次の地下鉄が来た。
駅の数を数える。13ぐらいあるぞ。東京駅から新宿に行くようなものか。そこまで遠くはないか。
パリの地下鉄は駅の間隔が短い。なので日本人の感覚からしたら、思ったよりも早く到着する。
45分ぐらいにエスト駅到着。
言ってもはじめて来る駅である。
まず国鉄の駅に出る。そしてチケット売り場をさがす。
よしまだ20分ある。10分ぐらいでチケットが買えたら問題なしだ。
ゲッ、チケット売り場には長い列だ。
いや、意外と早いかも。
並んでみる。
1分待ってみたが、ひとりも動かない。これは無理だ。
列を離れ、自動販売機にチャレンジ。
何だよ、わかりやすいじゃないか。ルクセンブルグ行き。ええとチケットの種類がいろいろあるぞ、大人、子供、子供連れの大人、12歳〜25歳などなど。ユーレルパスがあるから座席指定だけできればいいんだけど、肝心のそれがない。
う〜ん、無理。
しかし、ルクセンブルグまでのファーストクラスのチケット100ユーロ以上するんだ。驚き。
ちなみに、先日、子供を連れてベルギーに行った時もそうだったけれど、子供はかなり安く、子供連れの大人も割引がある。子供は大人の半額というのは日本だけの考えなのか?!
チケット売り場の列は動いていない。
直接、列車に向かう。
車掌にこの列車に乗りたいんだけど、チケット売り場が混んでいてとても買えそうもない。どうしても乗らなければいけないんだと訴えてみる。
あっ、こうやって書くと、物凄い流暢な外国語が話せるみたいだが、単語を並べただけね。それも単語というかカタカナ。
アイ・ウォンツー・ゲットオン・ディス・トレイン。バット、チケット・ウィンド・ツー・メニ・ピープル。アイ・キャント・バイ・マイ・チケット。
中でチケット買える?
乗れと言われた。やりぃー。交渉勝ちだぁ。気持ちが強ければ、多少の困難は越えられるということか。
列車の中で20ユーロ請求されて、チケットを購入した。
国際列車だから、それぐらいするのかなぁ。
今までTGVの座席を取るのは3ユーロ必要なだけだったので、随分高い。ルクセンブルグからパリへの座席をルクセンブルグの駅で購入した時も3ユーロ。
20ユーロというのは罰金というのも入っていると考えるべきか。
差額はパリで泊まったドミトリーの一泊分と思うと痛い出費だが、時間を購入したと思えば、高くはない。2時間半も早くルクセンブルクに到着。2時間半もルクセンブルクに長くいられるのだ。
どうしても時間がない時は罰金を払って乗るというのもアリかもしれない。
そういう意味では時にタクシーを使うというのも有効な手段なのだが、これが中々利用できないんだなぁ。

ルクセンブルグ到着。
別の国に来たが、そんな気は全くしない。フランスの地方に来ただけという感じだ。
明日のチケットを購入。もう明日の朝8時にはさようならだ。
駅前のホテルを確保する。
そして、町歩き。
こんなところがあり、


こんなところがあった。


う〜ん、毎日感動するというのは難しいものだ。

右側は親子で歩いていい。左側は親子で歩いてはダメらしい。
これ、ヨーロッパではよく見かけるが、意味がいまだによくわからない。
歩行者は右側通行ということでいいのかな?


カップルの女の子が持っていたぬいぐるみを撮影させてもらう。
ジュテーム。

ストレートで恥ずかしい。
──────────
今日の記録

主な支払

ホテル代金 45ユーロ
バス代金 10.3ユーロ
TGV予約 3ユーロ
TGV車内 20ユーロ
食事・買い物 12ユーロ

万歩計
27659歩(しっかり歩き 16138歩/119分)
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 23:02 | - | -

コメント
from: パワーブログランキング運営委員会   2007/09/03 4:32 PM
拝啓 益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さてこの度、日本初の“ブロガー・サポートシステム”を搭載した「パワーブログランキング」サイトを開設いたしましたので、ご連絡いたします。
当サイトは、全く新しい発想から生まれた「ブログランキング」です。
「パワーブログランキング」は、多くのブログを管理し更新続けてきたブロガー自らが作る、ブロガーによるブロガーのためのランキングサイトです。
これまでの常識を打ち破ったサイトの詳細は、
こちらをごらんください。⇒http://www.powerblog.jp/

ご覧のように、ブロガーにとっての豊富なメリットをサイト内に搭載することで、
ブロガーの方々の「豊かなブログライフ」を応援してゆきたいと考えておりますので、
どうかよろしくご活用くださるよう、お願い申し上げます。
⇒新規登録はこちらから:http://www.powerblog.jp/regist/regist.html
敬具
パワーブログランキング運営委員会
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状