世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

逆沈没〔ポルトガル・列車の中〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります↑

どうやら、自分は沢山のところに行く旅が好きなようだ。
どうせ、時間なんか限られている。
だったら、ひとつでも多くの国、ひとつでも多くの町に行きたい。

同じ町に長い期間いる人がいる。そういうことはとても自分にはできそうもない。
沈没のある意味、逆の旅の病気かもしれない。

さて、今日はどうする?
地図を見る。

地球の歩き方ヨーロッパ編では、ポルトガルで紹介している町は、リスボンともうひとつだけ。そのもうひとつは地図もない。
ガイドブックに振り回されるのもよくないが、まぁ、行こか。

ホテルをチェックアウト、地下鉄に乗り国鉄の駅に向かう。
昨日、降りたオリエンテ駅の窓口に行くと、信じられないことを言われた。
この駅では国際線のチケットは買えない。サンタ・アポロニーア駅に行け。
列車は停車するのにだ。
仕方なしにサンタ・アポロニーア駅へ。
今度は、ここでは買えない、中の奥に行ったブースで買え。
はいはい。

一度、マドリッドに戻ろうかとも思ったが、それもつまらない。
一気にパリに向かうことにした。
手で来たチケットを確認。
うん?! シートだけ?
夜行列車だよ、ベッドが欲しい。
来週までフル。あるのはシートだけ。
参った。
その上、パリまでのチケットではなく、夜行列車の終点の聞いたことがない駅まで。その後はフランスに行ってから買えとのこと。
この列車が今回の旅で一番時間が長い列車。
夕方4時に発車、到着は翌朝の7時である。
飛行機で飛ばなきゃいけない距離だったかなぁ。
イベリア半島の大きさを体感したいなんて、列車に乗ったからってわかるもんでもあるまいし。
とりあえず、コインロッカーに荷物を預け、バスで市内へ向かう。

どこに行くつもりもなく、トラムに乗車。
おっ、ここは凄いという建物があったので、下車する。

ジェロニモス修道院。
でかく、美しい。
改修が終ったばかりなのかな?

細かい細工が美しい。


中に入ってみる。
通路がもう素敵だぁ。


修道院って何するところだったけ?

尼さんが修行するところ?

柱の細かいデザインが素晴らしい。
  

ガウディってのは、日本人の自分から見ると、突然、突拍子もないデザインを思いついたような気がするのだが、こうしてイベリア半島の古い建築物を見ていると、下地があり、それをガウディが強調していったように思える。
もちろん、素人目線。


教会なんか、もう感動しないぞと思いながら、またシャッター押しまくる自分がいる。


この教会の入り口にあったマーク。

右側なんだ?
あっ、タンクトップ、短パン禁止ね。

ポルトガルでの食事ももう一回。
まだ食べてないポルトガル料理を食べに行くことにする。
昨日とは別のレストラン通り。


いわしの炭焼きだそうだ。

ナイフとフォークは食べづらい。
魚は下ごしらえとかのせいか、日本で食べた方が美味しく感じられる。
まずくもないけど。

ここのレストランのメニューは8カ国の言葉が書いてあった。
ポルトガル、スペイン、フランス、イタリア、イギリス、ドイツ、スウェーデン、オランダ。
店の人、大変だぁ。
日本語はなし。でも、下の方に、ポルトガルを食べ尽すといったタイトルの雑誌の記事が貼ってあった。

ここでも、昨日会ったコカイン売りのザイール人に遭遇。
すっかりお友達。
買ってあげたいところだけど、コカインじゃあなぁ。

ポルトガルらしい街角を歩きながら、バス停へ。


ポルトガルのポストは赤と青。


どのバスがサンタ・アポニアータに行くかわかんないよー。
バスの運転手に訊いたら、こんなメモを渡された。
この番号が行くらしい。


旅行が長くなってきて、数字の7を書く時は、外国式に縦棒に小さな横棒をチョンとする癖がついた。4は右にはみださないように書くね。日本式に4を書くと、これは9かって訊かれるよ。

さぁ、ポルトガルの町よさようなら。

列車は、どんな列車だろう。
ゲッ、ほとんどが個室じゃん。あっ、やっぱり俺の座席も。
それに既にバックパッカーの荷物がいっぱいで、棚に荷物が置けないじゃん。
かなりムッとしながら、棚の荷物をつめて、自分の荷物を置く。
今から約13時間、こんな環境で耐えられるかなぁ。
8人部屋にイギリス人らしいバックパッカーが3人と俺。。和気藹々とした雰囲気ではなく、ちょっとイヤな感じ。言葉はよくわからないけれど、ひとりの男が随分威張ってる様子。
こちらに牽制しているつもりではないとは思うが、列車が動き出したら、カバンからナイフを出して、ツメを磨きだした。首からも別のナイフがぶら下がっている。
何も話しかけてこない。
二人、二人、互い違いに向き合う形で、足を前の座席に置く。
はぁ〜、どこかでこいつら降りないかなぁ。
見ている地図、フランスのだなぁ。これは降りないなぁ。ていうか、これ以上乗って来ないだろうなぁ。俺、何で飛行機で移動しなかったんだろう。
──────────
今日の記録

主な支払

公共交通機関一日乗車券 4ユーロ
鉄道予約料金   6ユーロ
食事・買い物   20ユーロ

万歩計
19710歩(しっかり歩き 4569歩/38分)
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 18:04 | - | -

コメント
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状