世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

フラメンコ〔スペイン・グラナダ〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります↑

泊まっていた宿は15ユーロ。
もちろん、朝食なんかなしだろうと思って、下に降りたら、朝食の準備がしてあり、驚いた。
食べていいの?
食べていいらしい。コルドバいいところだぁ。

駅まで遠いのだが、歩くのがそんなに気にならなくなった。
珍しく、昨日、コルドバに到着した時に、列車の予約済み。
9時46分発。

何じゃい、がらがらじゃんかよー。
前日から予約した時に限って、こんなもんだぁ。

マドリッドからグラナダへ行く方へ。
途中、コルドバに寄るのお勧め。

12時15分、グラナダ到着。
こんな時間についちゃったら、余裕。
ホテルもゆっくり探せるというもの。
ここは前の道が工事していて、埃っぽいからパス。こっちは前におかしな奴がうろついているからパス。ここは部屋はあるみたいだけど、スタッフの応対がよくないのでパス。
パスばかりしていたら、グランビアデコロンという通りに。
ここで最初にあったホテルが、キレイそうでいいじゃん。
決定。

ほぼ毎日ホテルを替わっているので、ホテルの名前が覚えられない。
そもそも覚える気がない。
でも、ホテルの名前って何かあった時に必要。
デジカメって便利。写真取っておけばいい。


にしても、絶対一度は部屋の番号が全く思い出せないということになるんじゃないかと思っているのだが、不思議とそれは一度もない。あっ、昔、あった気もする。

シャワーを浴び、洗濯をし、部屋を出る。

グラナダの観光の目玉は何と言ってもアルハンブラ宮殿。どうもこれが時間当たりの入場者数を制限しているらしく、チケットを入手するのがかなり難しいらしい。
昼から行けば、間違いなく、その日に入ることは不可能だそうだ。
もう二時過ぎ。でも行ってみる。何かの間違いがあるかもしれないし、最近、状況が変わったかもしれない。
宮殿の横の道は坂。チケット売り場はその坂を上り切ったところ。ひーっ。
ようやくたどりついたチケット売り場には、「完売」の文字。日本語じゃないけれど、それを意味する張り紙。
明日のチケットは買えるの?
明日の8時にね──という返事。
インフォメーションで訊ねるが、やはり同じ答え。
そんなもんだ。


城の周りも面白い。

城の中に入る意味あるかなぁ。
ここからの眺めで十分な気がしないでもない。


町中に日本語情報センターというところがあるということで行ってみる。

明日、宮殿に行きたかったら、6時に行けとのこと。
ここで、フラメンコのチケット購入。

町中散策。
最近、よっぽどでないと、有料の博物館や教会には入らない。
お金が惜しいというより、入りたいと思わないのだ。


ここらはばっちりシエスタ、お昼寝を取るみたい。中途半端な昼に商店街を歩いたら、みんな、閉まってやがる。
路地の奥にあったシャッター。いい感じ。


日本で何年ぐらい前から見るようになったんだろう。
このチラシの下の端にメアドや電話番号が書いてあって、それが千切れるようにしてあるっての。
これって、南米でも、ヨーロッパでも見た。世界共通なんだねー。


展望台があるということであがってみる。
細い道をおっちら。


白い家が多いのはやはり意味があるのだろうか。


何だよ、狭い道をがんばって登ってきたのに、ローカルバス、ここまで来てるんだぁ。

この運転手はできないぞー。

夜はフラメンコを見に行く。
時期が時期だから、日本人の女性が数人グループに。

宮殿のチケットの話を訊いた二人が二人とも裏ワザで入場したとか。
一人は、予約はなかったけれど、予約なしの列があまりに長かったので、予約ありのブースで、1枚と言ったら、なぜか当日券が出てきたのだとか。
もう一人は、友人が3時間並んで取れなかったのだが、泊まっていたホテルが、宮殿の中にあるホテルで、スタッフにそのことを愚痴ると、取ってもらえたんだそうだ。
何か、それ訊いちゃったら、余計に並ぶ気、失せてきたよ。

にしても、みんな、3泊とか4泊とか、この町にしているらしい。
それが旅行の当たり前なのか。

フラメンコは洞窟の中で踊るということらしいが、洞窟じゃなく、洞窟をイメージした内装の建物の中だった。
ステージもビックリするぐらい小さい。
説明は聞いていたが、いかにも観光客向けである。


それでもはじめて見るので、ちょい感動。

一番盛り上がったのは、おばあちゃんダンサー。
踊りだすまでは何度も鼻をかみ、場内、失笑。
が、踊りのキレはよく、かなり感動。


自分として、一番、カッコ良かったのは、男。
男が踊るとも思ってなかったので、最初は、およびじゃねーよと思ったのだが、ダイナミックで超感動した。


もう一回どこかで、今度は実力のあると評判のヤツを見てみよう。

フラメンコの後は、展望台にのぼり、夜のアルハンブラ宮殿を見る。


帰りはホテルの前まで送ってもらう。
俺とは別に日本人女性が一人降りた。
同じホテルかと思ったら、裏の裏のペンションらしい。
道が暗く、恐がっている。
ペンションの前まで送っていく。
ちっ、日本人のオッサンは安全と思い込んでやがるな。正解だけど。
──────────
今日の記録

主な支払

鉄道座席指定   6.5ユーロ
ホテル代金    40ユーロ
フラメンコ    25ユーロ
食事・買い物   15ユーロ

万歩計
25040歩(しっかり歩き 17692歩/117分)
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 17:48 | - | -

コメント
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状