世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

移動&移動〔スペイン・コルドバ〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります↑

朝、7時にホテルを出る。
スペインの7時はまだ薄暗い。
昨日もらった時刻表によると、グラナダ行きは8時50分。駅までは5分。
早過ぎるとは思うが、座席の予約をしてないので、念の為。
ちなみにここバレンシアからグラナダは8〜10時間ぐらいかかる。

FULL──という、海外旅行していて、嫌いな英単語ベストスリーには入るだろう言葉が駅員から返ってきた。
一日に4本列車がある。
朝のではなく、他のはどうなんだ?
TODAY FULL──。
EVERY?
EVERY!

参った。
予定変更致し方なし。
地図などを見て、3分ほど考える。
マドリッドに一度行こう。
マドリッド行きは一日に何本も列車があるはずだ。

FULL──。
あのさ、もしかして、FULLの意味間違えてない?
TODAY、マドリッド、FULL!
おいおい、この町で、列車の空きが出るまでいなきゃいけないのかよ。
駅員が、紙に0808という暗号のような文字を書いてきた。
ノンリザベーション。
ああ。
どうやら、8時8分に出る列車ならば予約がいらずに、マドリッドに行くことができるらしい。

何で予約がいらないんだろう?
列車に乗って、すぐに答えはわかった。本当はわかってたけれど、認めたくなかっただけなのかもしれない。
そう、各駅停車、鈍行なのだ。


列車が走り出し、車掌が検札に回ってきた。
服装を見て、すぐに事情がわかったようで、「マドリッド?」と訊いてきた。
シーと、亀梨ぽく言って見ると、メモをしだした。
ピンと来た。
これは車掌、途中で変わるんだな。
ということは、それだけ時間がかかるということだ。

到着時間を訊ねる。
14時──。
6時間弱かぁ。
ユーロメッドという特急ならば、3時間なので、倍。

日本でも今でもこんな駅あるのかなぁ。
ホームもない。ただ野原に空き地に看板が立ってるだけ。


窓の外に見える畑。
何が咲いていると思ったら、ひまわりだった。
スペインって感じ?
ひまわりって、スペインの映画じゃなかったっけ? ただ女優がスペイン人だっただけ?


車内販売があるわけでもなし、食堂車があるわけでもない。助かったのは昨日買ったファンタレモンが残っていたこととトイレがあったこと。鈍行だから、もしかして──と思った。

次の予定をたてたり、パソコンを見たり、うとうとしたりして、14時、マドリッド到着。
バルセロナ、サンツ駅とは随分雰囲気が違う。モダンだ。

さてと。
目指すはチケット売り場。
マドリッドに今日は泊まろうかとも思ったが、マドリッドはいづれまた来なければいけない町。
その時ならばサッカーもやってるかもしれないし、その頃はユーレルパスも切れてるはずだから、ゆっくりできそうだ。
今日のところはすぐに移動してやろう。


チケット売り場で番号札を受け取る。
今日のと明日以降の予約にわかれている。今日の方。
562番。
現在、受付の番号は750番──えっ?


まさか、このまま1000まで行って、1に戻るんじゃないよね。

とりあえず、スゲー時間がかかることは間違いないので、近くのカフェに行って、食事。

スペインのチェーン店みたい。

パンにフォークを刺されて、渡された。


日本人に、それしちゃダメ──というスペイン語を今度覚えておかなければ。

カフェから戻っても、まだ700番台をやっている。
799の次が何番かが問題。
500だった。
ほっ。

横のインフォメーションがすいていたので、もしかしてということもあるので、訊いてみる。
予約って、いりますよね?!
シー。
ここで、取るんですよね。
シー。
やはり待たなければいけないらしい。

結局、順番が回ってきたのは、15時ちょうど。
札を取って、一時間弱が掛かった。
これは慢性的なものなのか、今日が混雑する日なんだろうか。

一番恐れていた言葉「FULL」は出てこず、16時の列車の座席を確保することができた。
もう少し早く番号が回ってきたら、15時の列車でも乗れたかもしれないのに。

時間まで駅の中の本屋に立ち寄る。
南米のどこかの国でもだった気がするが、雑誌にオマケをつけるのが流行っているみたい。
日本でもあるけれど、ちょっとやり過ぎじゃない?


ブラジル名物のゴム草履。
ブラジル観光客の3人に2人は購入すると言われている──というか、俺が思っている。
ブラジル特集だからみたい。


こっちはカバン。
タオル付ってのもあった。

またもや、荷物検査。
こういっちゃあ何だけど、係の奴らもちゃんとX線の画面見てない気がする。
やってますよーってことが重要なのか?!

今度の列車はスペインが誇る?AVE。
超特急らしい。
お陰で追加料金は取られる、予約で1時間待たされた。


16時発、
列車に乗車するとイヤホンが配られた。
車内にはビデオ上映があったり、音楽が聴けたりする飛行機と同じようなサービスがある。
でも、スペイン来て、バルセロナの観光バス、昨日の列車と3つ目のイヤホンだ。
いくらイヤホン好きでも、もういらない。

17時40分、コルドバに到着。

駅はキレイ。
駅の外に出ると、突然、南国になった。

日差しがキツイ。
街角にあった温度計は夕方にも関わらず、35℃と表示。

旧ゴルドバ駅周辺には安いホテルが多いと地球の歩き方には書いてあるが、その旧ゴルドバ駅が地図に書いてないので、わからない。新駅の近くらしいのだが。
歩いている内に、面倒臭くなって、旧市街地に向かっていた。

おっ、ここはただの通過地点のつもりだったのに、いいじゃないか。


旧市街地を歩いて見つけたHOSTELの看板のところで、部屋の空きを訊ねる。
凄い狭いんだけど、一番安い部屋がある。
見せてもらうと、3階の屋根裏部屋。
まさか、ここまで客を入れることはないだろうという感じで、部屋の隅には備品が置いてあったり、部屋の前には掃除道具が片付けられずに置いてある。
いくらなの?
15ユーロ。
相場で言えば、ドミトリー並だ。
決定。
しかし、本当に普段使ってない部屋みたいで、カギを探すのに20分ぐらい掛かっていた。

街を散策。
ユダヤ人街というのを歩いてみる。
イスラムの寺院など、今までに見たことがない建築物だけに、興味深い。


路地は狭く、入り組んでいる。これがまた面白い。


えっ、こんな狭いところにクルマ入ってきちゃうのかよ。


何かの撮影に遭遇。


スペイン女性もキレイだねー。


デザインのいい絵葉書がいっぱい売ってたけれど、こんなに買えないから、写真だけ。


夜はふらり入った居酒屋でビールとサラダ。
ちゃんとしたレストランに行こうかと思ったけれど、これでお腹いっぱいになった。
──────────
今日の記録

主な支払

鉄道座席指定   10.5ユーロ
ホテル代金    15ユーロ
食事・買い物   15ユーロ

万歩計
14687歩(しっかり歩き 7335歩/56分)
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 23:48 | - | -

コメント
from:   2007/08/15 3:44 PM
空の色がいかにもって感じでイイですねー!
from: トウィンクル   2007/08/15 8:49 PM
昔一ヶ月ほどホームステイをシェアした女の子からもらった絵葉書にそんな感じの建物が写ってた・・確かその子はセビリアの出身だったけど。『青い眼の男女が特にもてるのよ、スペインでは』って言ってたな〜。
from: ささ   2007/08/17 12:24 PM
こんにちわ。いつも役立つ記事ありがとうございます。
これ結構いいですよ。億万長者!ってわけにはいかないけど、^_^; やれば即日収入になりますよ。(^o^)/
今なら6000円のキャッシュバックもらえますよ。
http://www.infocart.jp/af.php?af=10301229&item=19249&url=global-hearts.net%2Fkeitai-cart%2F
from: エーブック   2007/08/20 8:16 PM
竹さん
見た目よりは涼しいんですよ。

トウィンクルさん
青い目の男女ですか。カラーコンタクト買って行けば良かったかな。
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状