世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

パエリヤリベンジ〔スペイン・バレンシア〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります↑

テンションが下がり気味。
午前中は観光して、午後から移動しようと考えていたものの、ついだらだら。
市内を巡回する観光バスのチケットも昨日、今日の二日券を購入したのだが、出て行く気力がわいてこない。

朝食からテンポが狂う。
ここは座席についたら、座席にパンと飲み物をテーブルに持ってきてくれるというシステム。
座席についたのにオバチャン気がついていると思うのだが、ずっと他のテーブルの片づけをしている。それも、そのテーブルにはまだ客がいるのにだ。
今やっているテーブルが終ったら、俺の持ってきてくれるんだよねぇ。
おい、なぜ、次のテーブルを片付けだす。
エックスキューズミー! と大きな声を出したら、テーブルの客が一斉に振り返った。
オバチャンは一瞬、こっちを見た後、また片づけを続けた。
何で?!

どうもこういうのがスペイン的のよう。
昨日のパエリヤの店も呼んでることに気がついているはずなのに、それから遅い。
どう考えても優先順位が低そうな仕事を一通りやってから、ようやくテーブルに来る。

驚いたのはチェックアウトの時に「朝食は食べたか?」と訊かれたので、気を使ってくれたのかと思ったら、プラス一日5ユーロされたこと。
追加料金が必要だったんだ。今までのヨーロッパの宿の感覚からして、当然、インクルードだと思いこんでいた。

ホテルを出て、サンツ駅に向かう。

途中、こんな看板発見。

こんな遠いところでも公文式。

サンツ駅は工事中。
すぐそこの向こう側に行きたいだけなのに、道が封鎖されていたり、面倒。
チケット売り場は行列。

バルセロナが、ということではなく、一年で一番移動が多い時期だからということかもしれない。日本でも、今はどこの駅も混んでいることだろう。

今日はバレンシアの駅まで行こうと考えていた。
今、バルセロナは観光客が多過ぎる。
どこも人だらけ。ホテルも高くて、その割にというところしか無さそうだ。
一端、バルセロナから逃げ出そうというワケである。

今までのヨーロッパだったら、チケット売り場なんかに並ばず、ユーレルパスがあるので、列車に飛び乗ってしまうのだが、スペインは様子が違うので、念の為、並んで、予約を取ることにした。
30分ぐらい待って、ようやく自分の番。
バレンシアと言うと、ファーストか、セカンドかと訊かれた。
ユーレルグローバルだから、当然、ファーストでしょう。
24ユーロ必要だと言われた。
ウソっ?! わかってるの?このパスでファースト乗れるんだよ。座席の予約だけで何で、そんなにするの?!
セカンドだったら、6ユーロ。
どうも、特別な列車のようで、全席座席指定の上、ファーストは特別なサービスがあるらしい。
じゃあ、セカンドシートでいいや。

チケットの列車の時刻を見たら、驚いた。
14時30分になっている。
まだ11時過ぎ。時刻表には12時、13時、14時、15時と毎時0分に列車があることになっていたのに、時刻表の変更があったのだろうか。
まぁ、仕方ない。

まだ3時間もある。荷物を預けて、少し観光してくるか。
ええと、荷物預けるところは、ゲッ、ここまで長い列。
先頭を見ると、飛行場で荷物を預ける時のように樟をあてている。
面倒くさー。3時間荷物預けるだけなのにー。
スペインって、今、そんなにテロ心配なところだったっけ?!
じゃあ、コインロッカーだ。
あった。
あっ、ウソ?! コインロッカーの前でも樟やってるよ。
これやってるってことは、出したり、他でも時間取られるってことだから、もう観光やめ。
ほら、やっぱり、列車に乗るのでも、樟やってる。


列車の時刻まで、駅の中で時間つぶそ。

そうそう、市内巡回の観光バスでもらった冊子の中に、マックの割引券があったんだった。
2×1と書いてあるヤツ。
多分、1個で2個買えるという意味だろう。
レジで出してみる。その通りだった。
でも、買ってから気がついた。
ビッグマック2個って、ヘビーじゃない?!
夜中に吐いたの、昨日の朝方。まるで反省なし。

列車はこんなカッコいいヤツだった。

座席指定の車両は18。18も車両つなげてるのかよ。新幹線より長いぞ。と思ったら、19まであった。更に新幹線と違い、動力車は単独のようなので、前後について、21両編成のようだ。
これ、もしかして、本数減らして、一気にこれで運ぼうっていう魂胆か?

車内はまったく空席なし。
途中の駅で降りる人がいても、その分、人が乗ってくる。

17時30分、バレンシアの駅に到着。
バレンシアの駅は外観、とてもキレイ。

左の建物は闘牛場。

駅のすぐ横の通りに安いホテルがあるというので訊ねてみるが、3軒訊いて全てフル。
やばいかな。
俺以外にも、バックパックを背負った欧米人たちが、ホテルに入っては出てきている。

賑やかな通りの方に行ってみる。
その通りの中のホテルで、部屋があった。
何とか、今夜の部屋、確保。
まぁ、日本でも同じだと思うが、一人部屋というのは概して、ホテルの中で環境の悪いところに設置されている。
窓が内側に向いていたり、隣の壁とすぐ近くだったり。ここもそう。窓を開けたら、1メートル四方ぐらいの縦長の吹き抜けに面していた。エアコンがあるのが救い。

町に出る。
教会があり、塔があった。
登るんだよねぇー、あったら。


そして、上から景色を見て、やっぱり登って良かったって思うんだよね。

あっ、ここはそれほど良くないな。
ちょっと、旅行ずれしてきたかな。

突然、屋上にあった鐘が鳴り出し、驚いた。7時を知らせる鐘の音だった。


町を一周し、駅に戻る。
駅で、明日行こうと思っている、町への列車の時刻を聞く。
うわぁ、8〜10時間ぐらいかかるのかぁ。遠いなぁ。

それにしても、スペインというのは、今まで見た感じ、コンピューターのシステムがかなりボロ
い。
駅でもそうだし、ホテルでもそうだった。
まず画面はms-dosの画面みたいにドットが粗いし、レスポンスもかなり悪そう。
印刷されてきたのも、昔の印刷みたい。
それがまた、駅での混雑につながっているのだろう。
マドリッドでも同じだろうか? 興味深い。

バレンシアは火祭りで有名らしいが、祭りの時期にこなければ関係ない。
もうひとつ、パエリヤがバレンシアのモノということなので、来た。
昨日のはウソだと思いたい。
思い出しても、あれは美味しくなかった。

地球の歩き方に紹介されていた店をさがし歩く。
8時30分開店って、遅ーっ。
開店とほぼ同時に入店。
もしかして行列ができてたりして、歩いている時、そんな店があった──そんなことはなく、客は俺ひとり。もうひとり、奥で食事をしている人がいると思ったら、スタッフだった。
スタッフは英語が全く通じない。
ホテルや駅でも同じ。英語はかなり通じない。
南米でも通じなかったけれど、それよりもひどい気がする。
でも、親切。
こっちに来て、パエリヤの実物見て、選べとか、写真を撮ってもいいかと訊ねたら、3つ並んでからの方がいいんじゃないかと、後で呼びに来てくれた。

やはり、大皿にあると、それだけで美味しそう。


どうよ。


3種類食べたいところだけれど、一人では無理。
シーフードを選択。
あっ、ちゃんと美味しい。
やっぱり、昨日のは厨房も隠してたし、チンしてやがったな。
日本のイメージでは、もっともっと具だくさんという感じがしたが、意外と米が多い。

ビールも飲んで、ご機嫌。
9時を過ぎて、店内も混んできた。

日本でパエリヤの鍋買って、屋外でパエリヤ作りたくなった。

ライトアップされた町を見ながら、ホテルに戻る。

──────────
今日の記録

主な支払

鉄道座席指定   6ユーロ
ホテル代金    32ユーロ
食事・買い物   30ユーロ

万歩計
32058歩(しっかり歩き 20111歩/131分)
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 23:28 | - | -

コメント
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状