世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

サグラダファミリア〔スペイン・バルセロナ〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります↑


アンドラ公国の信号はやっこさんみたい。
 
フランスとスペインの間に小さな国があることを胸に刻み、アンドラ公国を後にする。
もしかして、出国する時に荷物の厳重な審査があるのではないかと思ったが、ただ、おかしな出国がないか、荷物室を開けただけで終わりだった。
これだったら、本当に買い物しまくりだぁ。

11時15分発のバス。
3時間かけてバルセロナ、サンツ駅へ。

さて、ホテルを探さなければ。
珍しく、ちょっと調べてある。
インターネットで調べたところ、バルセロナにはいくつも日本人宿があるようだ。
久しく日本語らしい日本語を話してないので、ここでは日本人宿に入ろうじゃないか。
調べていると一件、とんでもなく評判が悪いところが見つかった。
しかし、そこの凄いところは、今まで一度も客を断ったことがないということ。
その理由が、ベッドがあるわけではなく、基本雑魚寝で、スペースがなくなると、屋上に寝かせるからというもの。
それはそれで面白い。盗難とかがあるわけではないので、2〜3日のことだったら、行ってみよう。
サンツ駅から、公衆電話で電話をかけてみる。
──15日までいっぱい。
えっ?! 断られちゃったよ。
今まで一度も断ったことがないというから予約もしてなかったのに。。。
考えたら、8月10日金曜日。
大量に観光客が押し寄せて来ていても不思議ではない。
念の為、もう一件、地球の歩き方に掲載されている日本人宿に電話。やはりいっぱい。

サンツ駅をふらふらして情報収集。
ユースホステルの案内というブースがあったので、訊ねてみると、今夜は全てのユースのベッドが埋まっているとのこと。
明日なら、まだありますよ──。
今日が決まってないのに、明日のことを決める気にはならない。

観光案内所も訪ねてみたが、ホテルの予約サービスはなく、ただホテルの電話リストをくれ、自分でかけろということだった。

う〜ん、やばいかも。
地下鉄に乗り、場所を移動。
観光の中心地となっているカタルーニャ広場の観光案内所でホテルのブッキングをしてもらう。
予算を訊かれたので、こういう状況なので、60ユーロとちょっと多目に申告。
ここはインターネットでの予約システムはないみたいで、ひたすら担当の人がホテルリストを見て、電話を掛けはじめた。
7本ぐらい掛けて、「82ユーロのところだったらあると思う」と言ってきた。
何か、凄い迷惑をかけているような気がしてきて、それでいい、と返事。
困ったら金で解決しよとするよくないオトナになってしまったかも。
しかし、今まで色んな観光案内所でホテルを予約してもらってきたが、バルセロナが手数料が高かった。他のところのような一律いくらではなく、10%。結局、高いホテルになり、2泊頼んだので、16ユーロも手数料で取られてしまった。

紹介してもらったところは闘牛場から近いホテル。
また地下鉄に乗り、移動。
観光案内所で地図にマークしてもらった地点にいるはずなのに、ホテルなんて見当たらない。
近くにいた人に訊ねると、ふたつもブロックが違っていた。
まぁ、そんなもんだ。

う〜ん、悪くはないが、82ってのは高くないか?という感じのホテルだった。
翌日の朝食も、ちょっといいのを期待してたんだけど、25ユーロのホテルぐらいの内容だった。

気を取り直し、観光へ出る。
歩いて10分で、ガウディ作、サグラダ・ファミリア聖堂に到着。
これは、確かに凄い。

しかし、いつ完成するんだろう。生きてる内に見られるのかなぁ。
とりあえず、工事中だけど、工事はしてなかったよ。

細かい彫刻が迫力がある。
  

サグラダファミリアで観光していた青年のTシャツに、つい足を止めてしまった。
なつかしの日本語だ。
写真を撮らせてもらう。


英語でどういう意味? と訊かれる。
ええっと、中国の小説「水滸伝」の字を替えた居酒屋で、中学の同級生が、店長をやっていたことがあって、あっ、それは余計か。
ちょっと待てよ、これ、酔虎伝でもないぞ。
ごめん、意味わかんね。
上のひらがなを訳せないかな。
?れあいにだぐ。。。こっちも意味わかんねー。
ごめん。。。

地下鉄に乗り、一番の繁華街を歩いてみる。
バルセロナで目立つのはバイク。それもスクーター。

バイクが多くなる条件というのは何だろうか?
ベトナムも多いけれど。
・貧し過ぎず、豊か過ぎない。
・雨が少ない。
・そんなに寒い時がない。
・どこに駐車してもOK。
・ノーヘルでOK。(これはちゃんとみんなメットしていた。ベトナムは前行った時はノーヘルだった気がする)
そんな感じだろうか。

海外にいると、アイスクリームを食べる機会が増える。
理由は店がよくあることと、みんな、よく食べ歩いていること。
見たら、食べたくなる。
おじさんでも、平気で食べてるので、抵抗はない。

最近、お気に入りは、このピスタチオ味。
色は抹茶なのだが、ピスタチオなのだ。

テキトーに歩いていたら、こんな路地へ。

狭い曲がった道に似つかわしくない高い団地。窓からは洗濯物がいっぱい。
生活感いっぱい。
味があって大好きな路地ではあるが、こういう所での一人歩きはかなりリスキー。
死角が多く、腕引っ張られて、連れ込まれたら大変。
ということで、避ける。

もうひとつの国鉄の大きな駅フランツ駅まで歩いてきたらしい。
どこの国でも、車両に落書きあったけれど、スペインが最高かも。


歩いて、歩いてホテルの近くの闘牛場までたどり着く。
あっ、この闘牛場って、

伊勢志摩のスペイン村に同じようなのがあった気がする。
──────────
今日の記録

主な支払

バス代金     23.5ユーロ
地下鉄一日券    6ユーロ
ホテル予約手数料 15ユーロ
ホテル代金    82ユーロ
食事・買い物   20ユーロ

万歩計
14207歩(しっかり歩き 7883歩/49分)
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 23:45 | - | -

コメント
コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状