世界一周オトナわがまま旅応援ブログ

厄明け世界一周改めました。
若くない、メタボリック、体力ない、お金もそんなにない。だけど死ぬまでに世界一周してみたいという人を応援します。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキング・にほんブログ村へ

エーブックの儲け方全披露

奇想ヤフオク学

奇想ヤフオク学
エーブックはどうやって
古本を3億円売ったのか?


Amazonで購入できます!





ネットで稼げなくても毎年海外旅行にいける方法
国際線検索サイト

CATEGORIES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ


- | | - | -

芸術って何?〔ノルウェー・オスロ〕
人気ブログランキングへ
↑こちらのリンクをクリックすると投票になります↑

寝台車のベッドで目が覚める。
時々、嫌がらせのように列車全体が揺れて、目が覚めるけれど、基本快眠。
朝食のチケットを買っていたので、食堂車に行ってみる。
システムがよくわからないけれど、食堂車に行けば、どうしたらいいかぐらいわかるだろう。

正解。
車掌にチケットを見せたら、ここからサンドイッチを選んで、アップルかオレンジか選んで、フルーツ選んで、コーヒーかティーか、選べって。
それって、全部、昨夜から、食堂車のカウンターに並んでたヤツだよね。
要するに売れ残りってことでは。。。?

ま、ひとつずつの販売価格を考えたら、お得と言えばお得かぁ。

朝、6時30分頃、オスロ駅に到着。
折角、よく眠れた寝台車も、たった7時間半の利用というのが辛いなぁ。10時ぐらいまで、適当にそこら辺、走ってくれたらいいのに。


さて、困った。この後、どうするか全く決まっていない。
候補はいくつかある。
・他のフィヨルドへ行く。山に登るの。
・また列車に乗り、スウェーデンのストックホルムに移動。
・オスロにもう一泊。
昨夜は、リーセフィヨルドに行こうと思っていた。
でも、ここは、2時間の山登りをし、600メートルの断崖絶壁からフィヨルドを見下ろすという観光。
俺、やっぱり2時間は無理だよなぁ。
鳳来寺山、20分ぐらいでも、死にそうになったもんなぁ。
それにひとりだよ。誰も励ましてくれないよ。
「負けないで」を歌ってくれる仲間もいなし、坂井泉水さんももうこの世にはいないんだよ。
挑戦したい気持ちはあるものの、無理は禁物。
ストックホルムに一気に行っちゃうかな。
その前はそれが第一候補だったんだけど、moroさんたちに、オスロもいいところがいっぱいあったって聞いちゃったもんなぁ。
ムンク美術館も行ってないし。
よし、とりあえず、オスロに夕方まではいよう。──結局、結論、先延ばしかよ。

まだ朝7時前。美術館もまだ開館していない。
どうやって時間をつぶそうと考え、駅の構内をふらふら。
フードコートで無料の無線LANがキャッチできることがわかり、2時間ほどインターネット。

海外での無料の無線LANが飛んでるのを見つける方法。
それは。。。きょろきょろしてラップトップを開いている人を探すこと。
それも、ビジネスマンではなく、若い人ね。
キーボードを叩いていたら多分そう。ただ画面を見ていたら、DVDか何かを鑑賞しているだけかも。
ビジネスマンは有料のでやってる可能性高いから参考程度に。
このノウハウを1万円ぐらいで売ろうかと思ったけれど、無料で公開。全く売れそうもないから。


適当な時間にオスロパスという公共交通機関や博物館が無料になるパスを購入。地下鉄に乗って、ムンク美術館へ。
その途中の標識。
ノルウェーは標識のレベルが高いよ。
この標識もわかるようなわかんないような。


先日に見たムンクの作品は良かったが、ムンク美術館にあるムンクの絵は。。。練習? 下書き? に思えちゃったなぁ。スッと歩きすぎて終わり。
それにしても、美術館のショップって考えたら凄いよね。
叫びのポストカードや、ポスターや、図録はわかるけれど、マグカップや水筒にまで描いちゃうってのはどうなの?
ムンクが見たら、勘弁してよってならないのかなぁ。

さて、また地下鉄に乗り、ヴーゲラン公園へ。
実はここも行っておきたかった。
ここには、怒りん坊の像がある。

像をわざわざ作るってのは、長く後世に伝えたい何かがあるってことじゃない?!
それが怒りん坊って。それも他にも作品がいっぱいあるらしい。
もう、俺のアンテナ、5本も10本も立ちっぱなし。
ついて、すぐに正解だと思った。
これは凄い。凄すぎる。何なんだ、これは。
片っ端から、写真を取りまくり、像だけ百枚以上、シャッターを押したよ。
シャッターを押しては笑い、笑ってはシャッターを押す。
もう俺には、像からの声が聞こえまくってた。


だから、そこで力むなってえの。


いやいや、眠っているだけですから。


こうやったら、大きくなるんだぁ!


父さん、ホントにこんなんで仮装大将に出られるの?!


お前、また父さんのパンツ隠しただろ。


「フルチンも気持ちいいもんですね、師匠」 「だろ」


こんなの、お姫様抱っこじゃないって!


ワンダースリーってこんなに苦しかったんですかぁ?


回るもんだねぇ。


だから、これもお姫様抱っこじゃないってぇ!


枝毛ぇ〜!


父さん、また、ボクのまたを裂くの?!


俺は子供が嫌いだって言っただろうがっ!


じいちゃん、パンツ見つかるといいね。


なんか、スースーするなぁ。


じいちゃん、結局、パンツ見つからなかったね。


少し、お姫様抱っこに、近づいて来た気がするわ。


中々、四角にはならんなぁ。


お姫様抱っこのひとつもできなくて、ゴメン。


お姫様抱っこから、遠ざかってるって−!


「じゃあ、こうか?」 「。。。もう抱っこじゃないじゃん」


絶対にいつもより、スースーする。


絶対に何か違うはずだ。


ボクのパンツぅ〜!!


お父さんは、お姫様抱っこもできない人だったのよぉ。


あれが、ボクらのパンツの気がするんだけど。


チョキ、グーと来たから、次は。。。?


いいのよ、ここで出しちゃっても。


子供は嫌いだって、あれほど言っておいたのに。


先輩、少し長くないですか?


あっ、スーパーにお財布忘れたっ!


いつか、お前も、お姫様抱っこができるようになるわよ。


お前、まさか、こっそりパンツ履いてないだろうなぁ。


あっ、アレ、切らしてるんだった。


もう、お姫様抱っこのことは忘れていいってぇ。


今度は、いいお婿さんをもらってあげますからね。


アレっ? この後、どうするんだったけ?!


結局、俺たちには、お姫様抱っこは、無理ってことだなぁ。


お前、今、パンツのこと、考えてただろう?


さぁ、父さんのを見るんだ。


だから、王子様抱っこってえのは、ないんだって!


若い頃はアタシたちもパンツにあこがれたものよね。


なぜ、若者は、あんなにパンツをはきたがるんじゃろ。


お姫様抱っこできんぐらいで、何でそこまで言われなあかんのや、ゴラッ!




ここからは他のオスロの場所で採取。



母さん、本当にこんなところから飛び降りるの?



もう俺は石になりたいよ。



失敗したー。 くっきりし過ぎて、逆に、亡霊って気がつかれない。



「さぁ、投げといで」 「間違えないで。右の子よ」
  


ていうか、みんな、バカ!!!



以上。
全部、読んでくれた人、いるんだろうか?!
遠くノルウェーのホテルでひとり、何、一生懸命作業してるんだか。

この公園の像はグスタヴ・ヴィーゲランの作品だそうだ。
何がテーマかさっぱりわからないが、本人も解説してないので、勝手に解釈していい。だから、これも間違ってはいない。

それにしても凄いのは、テーマも内容もよくわからないのに、国か街かわからないけれど、これだけのモノをよく作らせたよね。


公園で思わず時間を食ってしまい、予定外。
そろそろ、今夜、どうするか決めなければ。
やっぱり、ホテルを取るか。

地球の歩き方を見て、まずは一軒目。 フル。
まぁ、ロビーも北欧のオシャレな家具が置いてあって、その割りに安いからなぁ。
次はと、トラムに乗って、少し離れた場所へ。
あっ、やばい。ここもロビーが洒落てる。
──ナッスィング。
やっぱりか。
ここは最悪あるだろう。相当でかそうだし、7月からは部屋数が増えるから、もう増えているかもしれない。ドミトリーもあるんで、最悪、ベッドのひとつぐらいは確保できるはず。
──エブリスィング・フル。

もういいや。その隣の系列の高いホテルで。
トラムで移動して探したんで、ホテル探しだけで1時間も掛かってる。
──ありますけど、1100クローネです。
日本円で2万2千円ってところかぁ。やってらんねぇー。

よし、駅に行って、他の街に行く列車がないか見てみよう。
えっ、意外とないもんだなぁ。
ていうか、次の街について、夜9時とかの方が危ないか。

とりあえず。。。オスロパスあるから観光してこよ。
駅の外に出る。
雨。
やめた。
う〜ん、考えがまとまらない。
疲れたぁ。
メッチャ、横になりたい。
車で寝たりした疲れが出る頃だよなぁ。
ちゃんと、パワーストーンしてるよなぁ。
さっき、公園で芸術を笑いまくった天罰かなぁ。
でも、アレ、学校の遠足で行ったら、全員笑い転げると思うけどなぁ。


3時過ぎ。時間ばかり過ぎていく。
やはり、オトナとしては、オスロで一泊だな。
観光案内所でブッキングしてくれるかどうか訊いてみよ。

感じのいいお姉さんが受付。
ここで気がついた。疲れてたら英語なんかとても喋れないね。
そりゃそうか。日本語でもワケわかんなことになるもんなぁ。そういう意味でも早目の対策は重要だ。
えっ、ある?!
電話してくれて、ホントにあるの?
650クローネって、安くはないけれど、さっきの1100のことを思えば、かなりリーズナブル。それもここから歩いて3分ぐらいって、あんた神様か?!
今、お姉さんがかなり無理なこと言っても俺、やれるよ。例えば、「ノルウェーが好き」って、駅前で叫ぶとか。
45クローネ?
あっ、ブッキングのお金ね。そりゃそうか。
それ払うんだったら、俺、「ノルウェーが好き」って叫ばない。

ホテルは一番最初にオスロに来た時に、地球の歩き方を見て、ここいいじゃんと思ったソンホテルアストリアだった。ここのホテルは部屋数がかなり多いため、空きがある可能性が高いのかもしれない。
ベッドで横になり、一時間ほど熟睡。
もう昼寝なしではカラダがもたなくなってきた。

起き出し、改めて、観光。
港の辺りをうろつく。



港の近くでは、何か不思議な雰囲気のパーティー会場が。
中に入ってみたら、あっ、そういうことね。
同性愛者のイベントだった。
オスロで何組か見掛けた。明らかに人種が違う子供を連れているカップル。
ここでも里親?っていうだっけ、パンフレットが配れていた。
そういうことも先進国なのかな。

ノルウェー最後の夜となりそうだから、何かうまいものでもと思ったが、気力もなく、マックに寄って帰る。
───────────
今日の記録

主な支払

朝食          60クローネ
食事カフェ買い物代金  200クローネ
ホテル代金       645クローネ
ブッキング代金     45クローネ
オスロパス       210クローネ

万歩計
26341歩(しっかり歩き 9919歩/76分)
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ


- | 18:36 | - | -

コメント
from: molk   2007/07/01 7:16 PM
像の解説、楽しませてもらいました。
北欧は自然とデザインがマッチした素敵なところみたいですね。
でも、やっぱり物価が…。
キャンプ場も使用料高いんだろうか?
ちなみに、駅で寝泊りしているような人はいそうですか?
from: エーブック   2007/07/01 7:24 PM
物価は超高いですね。

キャンプ場はわかりませんが、駅で寝泊りしてる人はかなりいそうです。
from:   2007/07/01 7:55 PM
世界一周なんてホント羨ましいです。
北欧は行った事なし。ノルウェーの気温は何度くらいですか?涼しいんだろうと普通に思ったり。。。
昔「ノルウェーの森」って小説が流行ったっけとも。
私も、ヤフオクやマケプレでがんばって海外旅行に行きたいです!!
from: エーブック   2007/07/02 3:38 AM
あっ、何度なんでしょうね。
日中は半袖でも大丈夫なので、それなりでしょうね。
暑いと思ったことはないです。
ノルウェーの森、忘れてました。

あと3ヶ月ぐらいはヨーロッパにいるので、早く来てください。
from: みそさざい   2007/07/02 10:44 AM
いやあ、像、いい味出していますねえ。
日本ではこんなスッポンポンのオンパレードは無理でしょうね。^^

ムンク、盗まれたというニュースがありましたが、
戻ってきたんでしたっけ?
from: エーブック   2007/07/02 2:10 PM
そういう事件がありましたね。それがあそこでしたか。
戻ってきたようですよ。
from: Roma   2014/11/02 6:01 PM
ぜんぶ読ませていただきましたよ、像。
これ、すごいですね、裸像。その数とストーリー。
ほんとによく作らせたし、作ったしって感じです。

コメントする









 
ブログ カウンタークリスマス ホテル2007年 年賀状